日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 22日

ブレーキレヴァーあれこれ

懲りもせずレヴァーの話です。

 昨年末に歴代バイクのレヴァーの話を書いたのですが、今回もC125で全く同じような執拗なレヴァー選択をしてしまいました。自分でも本当に厄介な奴だなと思うのですが、結構楽しんでやっている側面もあるので優しく見てやってください。

 
c0377022_17404483.jpg
 C125のレヴァー交換の話を書きました。C125にはあまり似合わないと思える削り出しの奴を選択し、握り代の変更とレヴァーの角度が気分良いと書いたばかりなのですが・・・そういえばTW225Eにも採用していたRALLY社製のHONDA用のショートレヴァーがどこかに有ったはずだと不意に思い出し、倉庫の死蔵部品を引っかき回して見たら見つけました。大昔にCRM80用として買ったようなおぼろげな記憶が有ったのです。CRMに使ったのではなくNSR50のサーキット走行のスペアとして折れにくいショートを買ったのだったか?もう記憶自体なし(苦笑)。

 
c0377022_17404417.jpg
 私は他の方がどのようにグリップを握りブレーキレヴァーに指を掛けるのか知りませんが、私は親指と人差し指でOKの指状態でグリップを握り、中指と人差し指でブレーキレヴァーを引きます。何度も書きますが、私は手のひらは人並みなのですが、指が短くて一般的なレヴァーでは皆レヴァーが遠いのです。調整できるレヴァーが理想なのですが、私の乗る古いバイクにそれを求める事は出来ません。今回C125に調整機能付きの現代的なレヴァーを採用したのはこういう訳です。
 写真の赤い線で示した左側にレヴァーピボット位置を合わせて線を引き、l⇔lで示したのが中指と薬指が握る位置です。無意識で握っていますが、グローヴで擦れた痕が残るので位置が判ります。なるべくグリップに近い位置で内側を握りたいのです。

 
c0377022_17404594.jpg
 なるべく近い位置で内側を握るためにショートレヴァーは私にとって具合のいいものなのでした。
さっそく昔のレヴァーを装着してみたのですが、すんなり付かなくて小加工をして取り付けたのです、でも苦労は報われませんでした。まず、上の写真がわかりやすいのですが、ピボット穴の位置とマスターシリンダーのお尻の部分を押す位置までの僅かな距離の差(レヴァー比)がショートレヴァーだけが短く(比が大きい)カチンカチンのタッチに成ってしまい気持ちの良いブレーキではなくなってしまったのと、マスターへの当たりの良い位置に調整すると非常に開いた位置(遠い位置)にしか出来なかったのです。CRMとC125は基本的に同じレヴァーが使えないマスターシリンダーだったのですね。
 RALLY社の他のHONDA車の物を試せばいいのですが、C125とちょっと古めのバイクの何が上手く適合するのか今は判らないのが残念です。RALLY社のOFF向けのショートレヴァーでディンプル加工は物凄く気分のいいものでTWではブレーキを掛けるのがとても楽しかったのでC125にも期待していただけに無念です。

 
c0377022_17404598.jpg

 そこで現状付けている削りだしレヴァーをもっと気持ちよく使うために、指のひっ掛かる部分の角の部分のをもう少し滑らかにすることにしました。RALLY社のレヴァーはここの角度も気分が良かったのですよ。何度も指を掛けて削る部分をしっかり確認してヤスリで少しづつ削り込んでいきます。

 
c0377022_17404569.jpg

 今回この作業のためにヤスリを新調しました、今までのヤスリの切れが悪くなってきたのを良い潮時で買い換えました。ヤスリも工具と同じで価格によって性能差が有ります、息子の勧めもありTSUBOSANのすこし高価な奴を買いましたが、まぁ驚き、軽い力で切れることと言ったら!今まで使っていたのはなんだったんだよ!と言う位の削れ方。全く力を入れず撫でるようにしてアルミを削り取って行きます。
 僅かに削っては何度も指の掛かりを確認してこれ位かなというところで終了。

 
c0377022_17404539.jpg
 レヴァーの上側だけではなく下側も角を落としますが、どちらかというと下側の方が指の腹が掛かる量が多いので大切かもしれません。こちらも気の済むまで削っておきます。ヤスリの種類を細かくして行き最後にはペーパーからスポンジやすりで鏡面仕上げにしていきます。
 写真は下側を削り終わってこれから仕上げに入るところです。まだ荒い部分が見えますが、仕上がりはつるつるに成りました。

 きっちり仕上がったら、さっそく試乗に行きましょう。乗り始めて最初のブレーキで違いが判ります。指の滑りがよく握る時は指の掛かりがスムースです。心持ちタッチまで良くなった感じです。まぁこれは自分で作業したから良くなっていないと困るという心理もあるので、しばらく乗ってから忘れた頃にもう一度意識してみたいです。
 ただ、今回のレヴァーは表面がアルマイト加工してあったのでその表層を削り取ってしまったのでグローヴで擦れる部分は少し黒く成りました、そんなものです。




















.



# by Gambaldo850 | 2019-02-22 04:40 | C125 | Comments(4)