日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 13日

ブレーキレヴァー交換

C125のブレーキレヴァーを交換してみた。

 ちょっと前に歴代所有バイクのブレーキレヴァーへの偏愛を書き連ねましたが、今度はC125のブレーキレヴァーを交換してみました。少し嗜好が変わりましたが、お付き合いください。

 
c0377022_12305648.jpg
 クラシックなC125には似合わないブレーキレヴァーですが、どうしてもこの手のレヴァーを一度経験してみたかったので今回思い切って採用してみました。
 ちっとも似合わないじゃん!見た目重視じゃなかったのかよ?との批判は百万も承知で採用しました。今回に関しては一切の聞く耳を持ちませんし、批判も受け付けません(笑)。
 この手の削り出しのレヴァーは私の憧れのパーツでした。残念なことにこういうレヴァーが似合うバイクにもうずっと乗っていません、やはりスーパースポーツに一番似合うのでしょうが、そこから一番遠いところにバイクの楽しみを見出している私ですから。
 もうひとつの採用理由は指の短さです、これも何度も書いているのですが、私は掌は人並みの大きさなのですが、指が短いので一般の方が普通に使うレヴァーが遠くて指の第一関節に届かないことが多いのです(エルドラドなんて酷いものです)。このレヴァーのようにショートで握り位置を調整出来るものがあればぜひ採用したかったのです。
 C125を買った時にやれるんじゃないか?と期待していたのです。

 
c0377022_12305670.jpg
 外したノーマルレヴァーとの比較です。ピボットの穴の位置から見るとかなり短いのが判りますね。この手のレヴァーを選ぼうとした時に最近のホンダのマスターシリンダーの傾向を観察していると大体同じ取り付けだったのでGROMとかCBR250あたりに使われている物ならば流用が効くはずだと当たりを付けておりました。Amazonで検索を掛けると有るわ有るわ選び放題じゃないですか!さすがに赤とか青とかのレヴァーを付けるのは憚れるのでシルヴァーかチタンカラー位かなと絞りました、色も選び放題ですね。使わないクラッチ側とセットで価格差が3倍ほどにも成りましたのでその中でも一番安価な中華製の物を選びました、もし失敗してもそのまま放置しても勿体無くない値段です。
 さすがに値段成りの作りで端面の処理が雑だったりしましたが、自分で角は綺麗に丸めました。特に指のかかる所はヤスリで気の済むまで仕上げました。

 
c0377022_12305650.jpg
 取り付け後に若干のガタが有ったのをシムを入れ込んだりしてきっちり追い込んで見ました。小さなレヴァーで引き代を調整してみましたが、なんと一番遠い位置から二番目で落ち着きました。試乗を繰り返して決めた位置ですが、薬指が一番窪んだ所に上手に嵌ってブレーキを掛け易かったです。
 レヴァーが余りに現代的でシャープなデザインなのでレトロモダンなC125には似合わないかもしれませんが、使い勝手がいいので今回に限りいつもと逆のコンセプト『見た目より実利』を取る事にしました。

 C125は着々と距離を伸ばしています。これを書いている時点で300km弱の走行です、給油も一度済んで驚くべき燃費を記録していますが、インプレッションやその後の小改造については徐々に書いていきたいと思います。
 C125が通勤快速として君臨してしまい、タウンメイト90は鈍行に格下げですが、それぞれが違う面白さを発揮していますので通勤が楽しいです。

 


















.


# by Gambaldo850 | 2019-01-13 04:30 | C125 | Comments(4)