人気ブログランキング |

日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 29日

ミラーステイと小細工

C125のミラーのやり直しと小細工です。

 通勤で使い始めたC125ですが、週3回ほど乗っております、2回はタウンメイト90です。それぞれの乗り味を楽しんでおります。あるゆる面でC125は優れているのですが、タウンメイトも乗ってしまえばエンジンの楽しさはそれぞれの面白さがありどっちが良いとかは有りません。みんな違ってみんな良い(笑)。
 さて、前回バックミラーがで後ろが見えづらいということでホンダのコピー品を取り付けた話を書いたのですが、それでもこの季節の着膨れで肘から肩が写り込んでしまうのでもう少しミラー自体を外側に出そうと思い部品を買いました。

 
c0377022_18090495.jpg
 左側の黒い部品2点ですが、30mm外側にオフセットする部品です。今は本当に便利なものがあるんですね。メッキよりも目立たない黒いほうを選択しました。

 
c0377022_18090557.jpg
 こんな感じで取り付けてミラー本体を外側に出そうという魂胆です。この手の部品は強度がしっかりしていないとぶれてしまい本末転倒になりますが、鋳物でかなりしっかりしたつくりで安心しました。エルドラードにも使ってみるかな?

 
c0377022_18090549.jpg
 取り付けが終わりました。黒いステイにしたのであまり目立たなくていい感じです。さっそく『無事カエル』が住み着いておりますよ。
 これだけ外に出てやっと普通の視界になるのですが、ノーマルのミラーで皆さんは見づらく無いのでしょうか、私はミラーに関しては非常に気に成るのもなのですよ。タイではあの程度の後ろの視界で街中を走り回るのでしょうか。元部品屋としてはどうにもなという感じです。個人的には歴代ギリギリの幅のミラーを取り付けてきたのですが、さすがに今は吹っ飛んですり抜けをするわけでもなく、ただ穏やかに後ろを気にして流れに乗って走りたいのです。以前に較べて余裕の無いドライヴァーが増えたようにも思うのですが、私の勘違いだといいのですが。

 
c0377022_18090584.jpg
 次に小細工したのがフロントディスクブレーキのタンクの取り付けネジの交換です。国産バイクは4mmの小さなプラスネジでふたが留められているのですが、長く乗っているとここのネジが錆びて来てフルード交換の時にネジを舐めることがよく有ったので私は全てのバイクのネジを交換する事にしていました。錆びないチタンネジです。もちろんステンレスのネジで十分なのですが、色がね、目立つと嫌なので。

 
c0377022_18090566.jpg
 ちょっと暗めのチタングレーです。取り付け穴も6角穴の物にします。こちらの方がプラスネジ(フィリップス)より力が入り易いのです。以前はトルクスを使ったこともあります(TW225とかはそうしました)が、そこまでこだわんなくてもいいかと。スレッドコンパウンドを塗ってねじ込みます。

 
c0377022_18090502.jpg
 交換後はこんな感じです、何も目新しいことはありません。ただの自己満足です。
バックミラーのオフセットステイとその取り付けボルトの頭に雨予防の蓋をして完成です。いつも目に入る場所ですからパラノイア的こだわりを出しました。

 さて、外に出したバックミラーですが、やっと満足できる視界になりました。とにかく朝の通勤時は後ろから迫ってくる車に注意しないといけないので後方視界が非常に大切です。最近話題の煽り運転じゃないですが、朝の通勤時間は車の人も余裕の無いことも有るので自己防衛をしたほうがいいです。私はなるべく大通りは走らないようにしているのですが、それでも少しは大きな通りを走らざるを得ませんし左側走行中に右側ぎりぎりを抜かれないようにしませんと。メイトではいじめられることも多かったのですが、さすがにC125の出足加速を追いかけてくる車はほとんどいないので安心です。ドライヴァーから小さく見える125ccは気をつけないとなりません。




















.


by Gambaldo850 | 2019-01-29 05:08 | C125 | Comments(10)
2019年 01月 25日

白いメーター

今回は『白い』メーターについてお話します。

 バイクのスピードメーターとあるならばタコメーターは常に目に入るものですから物凄く気に成るパーツですよね。国産のバイクは私が乗り始めた頃は黒が普通で少し濃い目のグレーとか紺色とかは有ったものの白いメーターはほとんど記憶が有りませんでした。逆にもっと昔の60年代にはバイク自体が高級品で凝ったメーターのバイクがかなり有った事も知っていました。私にとって憧れだったイタリアのバイクたちも個性的でおしゃれなメーターが多数有って、特にDUCATIなどに採用されていたVEGLIAの『白い』メーターたちは憧れでした。いつか自分の物にしたいものだと若い頃の私は思っていました。


c0377022_18484069.jpg
 それがSDRを買った理由ではなかったのですが、YAMAHAがSRやSRXに白メーターを採用し出した時にこれは格好いいなと思いました。一時期2サイクルにはまっていた時期があり、5台ほど立て続けに2サイクルのバイクに乗っていた時代がありました。250ccや400ccの2サイクルは非常に面白いのですが、通勤に使うには消耗が激しく、ガソリン代も馬鹿に出来ないのでSDR200を通勤用として買いました。カワサキAR80も使っていたのですが、さすがにちょっと小さかった。SDRは非常にスリムで小さく125ccと較べても小さい部類に入るほどの車体にDT200ベースの200ccを積んで36馬力ほどを出していました。初期型のRZ250が35馬力と思えばその凄さが判ると思います。通勤に使っているうちに悪い虫が騒ぎ始めて結局SDRはYESS(YAMAHAのファンクラブみたいなもの)のSDRカップ(SDRのワンメイクレース)のレーサーとして作り変えてしまい、それを通勤に流用するという逆パターンの使い方をしていました。
 そのSDRにはこのような白いメーターが採用されていました。後にタコメーターも付けたのですが、この写真の時期はこのような状態で通勤していました。セパレートハンドルはトップブリッヂの下に、ブレーキマスターは別体式に、フロントフォークも調整式に改造していました。SDRの白メーターが私にとっての白メーターの始まりでした。

 * 最近昔のネガフィルムをデヂタルで取り入れられる機械を買ったので昔の写真を取り込んでいます。恐ろしい枚数のネガを少しづつ取り込んでいますが、年代不順でバイクの写真が出てきます、これからそういう懐かしい写真も少し上げていきたいと思います。

c0377022_18484029.jpg
 そうしてしばらくしてDUCATI 750 F1を買いました。もちろん中古でしたが。写真自体があまり上手に撮れていないのがちょっと残念ですが、これよりいい写真が出てきませんでした。
 VEGLIAの白いメーターがやっと私の元に来ました。DUCATIを買ったことも非常に嬉しかったのですが、とにかく楽しいバイクでフラットトルクのまま高回転まで回り切る90度Lツインは異次元の感覚で乗るたびに感動しました。時間を掛けて随分いじりました、国産中級セダンを一台買える位のコストをかけました。入れ込んでいたこともあるのですが、今から思うとちょっとやりすぎた感じもあるのですよ、それくらい楽しかったのです。サーキットを一番走ったのもこのバイクでした。上記のSDRでカップレースに参加していたこともあり、ライセンスも当時のランクのノービスから国内B級、ライセンスの切り替え時期と重なり国内A級(自動昇格)しましたが、速くなったわけでは有りません。今の走り方を考えると自分でも信じられない行動ですが、時代でしょうか、みんながサーキットを走っていた時代でした。F1で走るサーキットはとても楽しかったですよ、速く走りたいというよりもっとマシーンコントロールを上手に成りたいといつも思っていました。今もそうですが、バイクで競り合うということに興味はあまりなく自分の腕だけを磨きたかったのです、だからレースを走っても全然成績は付いてこなかったですね。
 VEGLIAの白いタコメーターをぶん回す事は楽しいことでした、リアタイヤのトラクションということを考えさせてくれるバイクでした。

 
c0377022_18484037.jpg
 DUCATIのVEGLIAの白メーターの次に来たのがGUZZI 1000Sでした。もちろんメーターの色にはこだわりがありました。同時代のGUZZIは(大型の白メーターのルマンⅢを除いて)濃紺のメーターが多かったのですが、1000Sは80mmの白いメーターでした。
 写真はかなり手を入れた後半の頃のものですが、メーターケースを750S3をほうふつとさせるものに交換して電圧計を追加、そうしてノーマルのタコメーターからレース用のタコメーターに交換しました。歴代DUCATIなどのイタリアンバイクに多く採用されていたレーシングタコですが、取り付けには結構工夫が必要でした、でもこれを付けたい一心でがんばって取り付けた記憶が蘇ります。2000回転からしか針が動かないのでアイドリングは無反応ですし、目盛りの幅が非常に大きいのでちょっと回転が上がると非常な勢いで針が踊るのです、GUZZIには全く似合わなく必要もないメーターでしたが、その頃の私にとってはDUCATIよりもSportsしていたかったのです。1000Sでも何度かサーキットは走っているのですが、GUZZIのサーキット走行は少し難しいんですよ、力はあるのですが、重さやトルクリアクションの大きさがコントロールを難しくしていましたね。まぁ、元々上手くないのが一番の原因なんですけどね!

 
c0377022_18483969.jpg
 今までとはまったく違う世界の白いメーターです。ダイナの大きな白いメーターを見たときにこれはこれで非常に嬉しかったことを思い出します。白いフェイズももちろんですが、数字のフォントがクラシカルでいいじゃないですか。しかもメーターがガソリンタンクの上に付いていてハンドルステムの前には何も無い、走っていると風景が非常に抜けていていいんですよ、そこから見える風景がどれだけ俺を走らせるんだよ、と思わせるものでした。実際はそんなに手前なんか見ていないのですが、こういった演出の上手さや見た目の格好良さはハーレーの真骨頂ですね。国産のクルーザーたちが真似してタンクの上にメーターを置きましたが、やはりオリヂナルを超えてはいないですね、そういうことは尊重しないといけないと思うのですよ。
 夏の濃厚な空気の中をメッキを光らせて走り回った東北の道は今でも心に強く残っています。

 
c0377022_18484026.jpg
 白くないエルドラードのメーターたち。さすがにエルドラードのメーターを白くする気は起きなかったのですが、クリーム色ならばいい雰囲気が出るかもしれないと少し思っています(苦笑)。
 車体の大きさや雰囲気で小さなメーターに思えますが、実はDUCATIや1000Sとメーターの径は同じ80mmなんすよ、ですからその気になれば上の方にある写真のメーターが大して苦労も無く付けられるのは判っているのですよ。特にスピードメーターはkm/hに交換したので、その時に両方交換することも出来たのです。タコメーターが電気式なのでちょっと困ったかもしれませんが、それは流用が効くので何とかなるはずでした。でも、エルドラードはやはりこの雰囲気がいいのかもしれませんね、ましてや左のタコメーターの針が上の方に踊るような走りは一切していない現状を思えばタコメーターさえ要らないかもしれません。3000回転以下、メインジェットは使わない走りを延々としているわけですから(笑)。 

白いメーターのバイクが欲しくなったでしょ?(笑)




















.


by Gambaldo850 | 2019-01-25 04:45 | Eldorado | Comments(19)
2019年 01月 21日

バックミラー交換

C125のミラー交換とタウンメイト90のことです。

まずはエルドラードの話です、寒い中ちゃんと乗っていますよ。先週オイル交換してキャブレターの同調を取り直し、やたら快調でいい音が耳に届きます。低速もとても安定していてボフボフとアイドリングを打ち続けます。また、特定の回転で外装が共鳴することが有ったのですが、しつこく場所の特定と防振材の貼り付け、チューブの巻き付けで共鳴音が無くなり排気音がより一層気持ちよく聞こえるようになりました。

 さて、以前乗っていたバイクのパーツの話やバイクの話は書くほうも読むほうもそれなりに力が入りますが、現代のC125話は気楽に出来て書いていくのもすんなり出来上がっていくようです。

 C125購入前にネット上でいろんな方のインプレッションを読んでいた中でバックミラーが見えずらいというのがありました。私も一番初めに乗った時にこの季節ですから、厚めのジャケットを着ていたせいもありミラーの半分くらいがひじが写ってしまいいまいち真後ろが見えにくかったのです。ステイの角度やミラーホルダーの角度を変えても改善しなかったので手持ちのミラーの中で良さそうなものととりあえず交換してみました。

 
c0377022_11371655.jpg
 すでにノーマルのミラー(下の物)は外してしまいましたが、見た目はクラシカルでC125には良く似合っているものでしたので交換する気はなかったのです。試しに取り付けたのはホンダ純正のコピー品で小中排気量のバイクに多く採用されていたものです。置いて較べて見た時点で僅かながらコピー品の方がステイが長いので少しは後方視界が改善するかと思いました。
 ノーマルは金属メッキに見えますが、黒い部分が樹脂で、メッキ部分も樹脂へのメッキですので綺麗ですが軽いです。コピー品の方が若干クラシックに見えるでしょうか。

 
c0377022_11371650.jpg
 取り付け後の写真ですが、最近のバックミラーの取り付けは数年前の法令の変更で左右どちら側も衝撃で回るような構造になっていてミラーステイ側は逆ネジでアダプター(上の写真のロックナットの下にある延長パーツ)を付けて正ネジのハンドル側に取り付けるようになっていますね。確か以前から右側が逆ネジのYAMAHAタウンメイトも同じ構造になっていたので10年以上前からなのでしょうか。衝撃時に正ネジ側が緩むか逆ネジ側が緩むかでどちら側でも回りこむ構造ですね。歩行者保護の関係なのかな?
 取り付け後に乗り較べましたら見た目の変化があまり無いものの少し古臭くなった感じもします、これはこれでいい。

 取り付け後、数日通勤に使いましたが、ひじの写りこみは減ったもののまだ満足できる後方視界ではありませんでした。通勤は後方視界が非常に重要ですからもう少し改善の余地が有ります。後日改善をしましたが、それはまた後にお話いたします。

 
c0377022_11371788.jpg
 ミラーを取り付けながら各部を見ているとふとリアサスペンションの上の取り付けに荷掛けフックが付くのではないか?と思いました。今までほとんどのバイクに取り付けていたフックですが、手持ちがまだありました。エルドラードは同じ10mmの取り付けネジなのですが、ピッチが1.5で国産の1.25では合いませんでしたので取り付けていなかったのです。
 試しにねじ込んでみたらぴったりでしたので採用決定!リアキャリアにバッグをくくり付けているのでほとんど出番は無いのですが、ビジネスバイクのアクセサリィとしてはいい感じだと思いました。やれやれこれはラッキーだと思って左側を取りつけている時に・・・

 
c0377022_11381488.jpg
 そうだ、C125にもドリンクホルダーを付けてみよう!と思い立ち在庫の山を漁りますと、出て来た出て来た、R1150GSの時代に取り付けていた青いアルマイトのドリンクホルダー!いい具合にアルマイトが退色していて好みの雰囲気。二点のステイでリアサスペンションの角度とあわせて取り付けました。
 ほとんどドリンクホルダーは使わないでしょうが、この先暖かくなったら一度は房総方面にツーリングに行きたいし、私にとってはお約束アイテムですから。実は目立たないのですが、タウンメイトにもちゃんとドリンクホルダーは付いているのですよ、一年に一度くらいしか使いませんが。

 
 
c0377022_11371669.jpg
 先輩タウンメイト90とC125のレッグシールドのツーショット。全体比較のはそのうちにやりますよ。
それぞれ車名が入っていますが、シールのメイトに対してC125は立体エンブレムです、こんなことを較べても意味が無いのですが、C125は高いだけあって細かなところにかなりコストを掛けています、普通のカブ110よりも10万円ほど高いのですから当然でしょうが、外見の差は大きいです。
 乗り味の差はかなり有ります、まだ慣らしが進む前のC125はいまいち力感が薄くてアクセルを開けた時の押し出しがメイトより弱いくらいだったのでこりゃ参ったなと思いましたが、すぐに本領を発揮し始め今ではあらゆるシチュエーションでメイトを上回る動力を発揮しています。当然ですが、がんじがらめのキャブの規制が掛かっていたメイトとインジェクションのC125では勝負になりません。しかもそのパワーでメイトの二倍の燃費を街中で示すのですから凄いことです。ではメイトに立つ瀬が無いのかといえば全くそんなことは無く、調教されていない荒っぽいエンジンフィーリングは乗るたびに楽しく、スピードの比較さえしなければメイトのフィーリングはバイクらしいと言えます。
 手放す予定の前日に急に翻意したのは正解だったと思わせてくれるものです。もう少ししたらじっくりと両者(車)の比較を書きたいと思います。

 本日はこの辺で、C125の話はまだありそうです。




















.



by Gambaldo850 | 2019-01-21 05:36 | C125 | Comments(8)
2019年 01月 17日

少し振り返って

 細かな部品のディティールを見ていく話が続きましたが、全体を見直してお話を書こうと思います。

 
c0377022_18014513.jpg
 私の1000Sは散々いじくり倒して最後の最後にはこのような形になりました。この後シートをもう少し角ばった750S3タイプに交換して完成しました。とにかく1000Sを買う時から750S3のようにしたくてかなりの時間とお金をかけてカスタムしていきました。途中で少し方向変更をしてDUCATIのイモラカウルを取り付けたりしましたが、それでもカウルの塗装以外を全て自分でカスタムの作業をしました。
 この頃のGUZZIへの傾倒振りと乗っている時の楽しさが今のエルドラードへ辿りつく時までの思いの深さに繋がっていることは自分でも判っています。自分の原点的なYAMAHAでオートバイ人生は終わるのかと思ったのですが、GUZZIへの思いは最後まで断ち切れませんでした。
 今こうして真横からの写真を眺めていると、自分で言うのも馬鹿な話ですが、かっこいいと思うのですよ。

 
c0377022_18014585.jpg
 CB750Fourは若い頃、まだSRに乗っていた頃ですが、東京の神保町の交差点で信号待ちしている私の目の前を対向車線から右折していったシルヴァーのK2のことが思い出だされるのです。当時既にかなり型遅れのK2でしたがライダーと排気音は私の心の中に強く残りました。その後会社の同僚がK0をレストアして乗っていたのですが、音以外には魅力を感じなかった、と言うより少し小馬鹿にしていました、正直なところ。CB-FやVFが出たのにCB-Four?と言う感じでした。
 今のように物凄い価格が付くような時代ではなかったのでCBを再構築するなんて余程の好き者じゃないとしていない時代でした、そういう環境の会社にいたにもかかわらず。でも、それから長い時間を経てある日急にK2に乗りたいと思い始め探しましたら程度のいいK2が比較的安価で探せました。K0を珍重する変な習慣が未だに有るのですが、私には自分の好きなCBに乗ることが大切でK0神話は違和感しかありませんでした。本当にCBを理解して乗り続けるのであればK4がベストだと今までも思っています。
 私が一番好きだったCBのいいところは音です、あの快音を聞きながらのクルージングは最高の快感です、私にとってCBはスポーツバイクではなくクルーザーなんです。

 
c0377022_18014519.jpg
 今回の一連の話の中ではR1150GSのことはあえて書きませんでしたが、GSと同時期にR100Sに乗っていたのです。GSが自分で思っていた走り方と違うのが徐々に判ってきてもっと低速で走れるOHVのBMWを経験しようと思ったのです。GSは快速過ぎて手放すまで5万kmほど走ってしまいましたが、もうそんなスピードは要らないよ!と感じていたのです。100Sはなるほど古き良き時代のBMWを良く表していましたが、BMWの凄さである歴代のバイクを通じて根底に流れている高速ツーリングの適応化が必ず顔を出すのです。それが私にはうるさく感じられるようになり、随分楽しんだのですが、2年2万kmほど走った後手放しました。
 それ以降、BMWに対してあまり魅力を感じなくなってしまったのは私の求める物との乖離があったからなのですが、求めるものが合致している人にとっては最高のパートナーでしょうね。

 
c0377022_18014525.jpg
 ハーレーは絶対に一度経験しなくてはいけないものだとずっと思っていました。しかも体力の有るうちにビッグツインのダイナを乗らなくてはいけないと思っていました。スポーツスターはもう少し歳を取ってからでも乗れると思っていましたからまずはビッグツイン。
 古いハーレーは今でも魅力を感じるものがあるのですが、この世界の入り口にはなるべく新しいものに乗ろうと思っていました。そこではじめからTC96を探していました。ダイナ系のFXDCはローライダーなどと較べると人気の点で劣るので中古価格もさほどのことがなくすんなり手に入れられました。ハーレーのディーラーの独特の雰囲気は十分楽しめるものでしたが、購入時に行っただけで二度と行きませんでした。
 ハーレーはハーレーの世界があって、ライディングも過去の経験があまり生かせず独自のハーレーライドを体得して堪能していました。エンジンは過去最高の快感と楽しみを与えてくれました、今でもあのエンジンだけは自分歴代ベスト3に入ります。でも、最後の最後までライディングポジションを合わせる事が出来ずにロングツーリングで疲れました、改造(改良)して合わせ込むのが筋だったでしょうが、私にはそこまでハーレーに入れ込むことは出来ませんでした。経験することが第一目的だったのですから。でも2年弱で3万km弱乗りましたから十分経験したと言えると思うのです。

 
c0377022_18014687.jpg
 ハーレーに乗りながら考えていたのは自分のバイク乗りとしての原点回帰でした。もう一度しっかりとYAMAHAに乗ろうと思っていたのです。友人が組み上げたGX750改850が偶然目の前にあり、居ても立てもいられずに譲ってもらいました。世界で唯一の空冷3気筒シャフトドライヴのエンジンはそれは独特の世界と快音がありました。当時スポーツに振ったエンジンだったのでしょうが、今乗ればトルク型のクルーザーエンジンです、初期型のみの3in1のエキゾーストは後の型とは違う高音交じりの重低音が聞こえてきて浮き浮きするものでした。ハンドリングも当時のハンドリングのYAMAHAと言われた操作性をじっくりと味わえるものでした。850の24リットルタンクが付いていましたが、大きなタンクが好きな私には最高のプレゼントでした。750の最後の方に特定の地域に向けた(多分英国)この850のタンクを付けたキャストホイールのモデル(日本の4型と同じかな?)が有ったようですが、それ以外にこのデザインのタンクを付けた750を私は見たことがありません。
 かなり気に入っていたので永く手元に残すつもりでしたが、味わい尽くす前に呆気なく廃車の憂き目に遭ってしまいました。それでもあのトルク感と唸る快音とハンドリングは未だに手の内に有り、いつも走る房総のとあるコーナーの進入から立ち上がりでは他のバイクで走ってもGXのハンドリングが蘇って来るのです。

 
c0377022_18014665.jpg
 今更ながらTX650のことを書くのはなんだか恥ずかしさが有る。TXの良さはエンジンに尽きます、見た目の良さは勿論ですが、レスポンスのいい360度クランクの快音は未だに耳の奥に残っていますし、アクセルを開けて盛り上がっていく気分はエルドラードでは味わえない高揚感です。ロングツーリングのお供には最高の相棒でした。ここではもう書きませんが、TXへの偏愛は4年間ブログに書き続けました。

 
c0377022_18014624.jpg
 エルドラードとの逢引きはまだ始まったばかりです。全身を揺さぶる重いフライホイールのトルク感と爆裂音に身を委ね、今まで味わったことのないようなゆっくりしたスピードで走り抜けるカントリィロードは快感以外の何物でもありません。GUZZI 1000S以降ずっと捜し求めていたスピードを落として楽しむロングツーリングがやはりGUZZIのこっち側の世界に有ったなんて随分遠回りしたもんだ。でも遠回りしたから分かり合える、感じ取れた世界があるのは事実でいろんなバイクに乗ってみないと判んないものなんだなぁって思っています。まだまだ知らない世界はたくさん有るでしょうが、もう新たな扉を開ける勇気も時間も残っていません。しつこく味わいつくそうと思っています。最後の最後はメイト90かカブ125が待ってくれていますから。




















.


by Gambaldo850 | 2019-01-17 05:00 | Eldorado | Comments(8)
2019年 01月 13日

ブレーキレヴァー交換

C125のブレーキレヴァーを交換してみた。

 ちょっと前に歴代所有バイクのブレーキレヴァーへの偏愛を書き連ねましたが、今度はC125のブレーキレヴァーを交換してみました。少し嗜好が変わりましたが、お付き合いください。

 
c0377022_12305648.jpg
 クラシックなC125には似合わないブレーキレヴァーですが、どうしてもこの手のレヴァーを一度経験してみたかったので今回思い切って採用してみました。
 ちっとも似合わないじゃん!見た目重視じゃなかったのかよ?との批判は百万も承知で採用しました。今回に関しては一切の聞く耳を持ちませんし、批判も受け付けません(笑)。
 この手の削り出しのレヴァーは私の憧れのパーツでした。残念なことにこういうレヴァーが似合うバイクにもうずっと乗っていません、やはりスーパースポーツに一番似合うのでしょうが、そこから一番遠いところにバイクの楽しみを見出している私ですから。
 もうひとつの採用理由は指の短さです、これも何度も書いているのですが、私は掌は人並みの大きさなのですが、指が短いので一般の方が普通に使うレヴァーが遠くて指の第一関節に届かないことが多いのです(エルドラドなんて酷いものです)。このレヴァーのようにショートで握り位置を調整出来るものがあればぜひ採用したかったのです。
 C125を買った時にやれるんじゃないか?と期待していたのです。

 
c0377022_12305670.jpg
 外したノーマルレヴァーとの比較です。ピボットの穴の位置から見るとかなり短いのが判りますね。この手のレヴァーを選ぼうとした時に最近のホンダのマスターシリンダーの傾向を観察していると大体同じ取り付けだったのでGROMとかCBR250あたりに使われている物ならば流用が効くはずだと当たりを付けておりました。Amazonで検索を掛けると有るわ有るわ選び放題じゃないですか!さすがに赤とか青とかのレヴァーを付けるのは憚れるのでシルヴァーかチタンカラー位かなと絞りました、色も選び放題ですね。使わないクラッチ側とセットで価格差が3倍ほどにも成りましたのでその中でも一番安価な中華製の物を選びました、もし失敗してもそのまま放置しても勿体無くない値段です。
 さすがに値段成りの作りで端面の処理が雑だったりしましたが、自分で角は綺麗に丸めました。特に指のかかる所はヤスリで気の済むまで仕上げました。

 
c0377022_12305650.jpg
 取り付け後に若干のガタが有ったのをシムを入れ込んだりしてきっちり追い込んで見ました。小さなレヴァーで引き代を調整してみましたが、なんと一番遠い位置から二番目で落ち着きました。試乗を繰り返して決めた位置ですが、薬指が一番窪んだ所に上手に嵌ってブレーキを掛け易かったです。
 レヴァーが余りに現代的でシャープなデザインなのでレトロモダンなC125には似合わないかもしれませんが、使い勝手がいいので今回に限りいつもと逆のコンセプト『見た目より実利』を取る事にしました。

 C125は着々と距離を伸ばしています。これを書いている時点で300km弱の走行です、給油も一度済んで驚くべき燃費を記録していますが、インプレッションやその後の小改造については徐々に書いていきたいと思います。
 C125が通勤快速として君臨してしまい、タウンメイト90は鈍行に格下げですが、それぞれが違う面白さを発揮していますので通勤が楽しいです。

 


















.


by Gambaldo850 | 2019-01-13 04:30 | C125 | Comments(4)
2019年 01月 09日

ホイールリム

今回はホイールリムの話です。

 ここ25年ほどスポークホイールのバイクしかメインで乗っていません。自分でも驚くことなのですが、パンク大王とか自虐的に名乗っているのにスポークホイールでチューブの入っているタイヤばかり乗っているのです。そんな私の好きなホイールリムについてお話します。今回もかなり私的嗜好の話です。

 
c0377022_17485352.jpg
 まずはいつもの順番通りGUZZI 1000Sから書き始めましょう。
 イタリアのアルミリムといえばもうBORRANIに成るのでしょうか、もちろん歴代GUZZIにも採用されていますし、名だたるイタリアンバイクに採用されています。
 1000Sを買う時にキャストホイールのモデルとスポークホイルのモデルが選べたのですが、私はもちろんスポークを選択。スポークホイールと書いていますが、英語圏ではワイヤードホイールって呼ばれているのかな?
 見た目に断面がH型リムではないのが判っていましたが、リムのメーカーがMade in SpainのAKRONT(アクロン)であることを知りました。名前には聞いたことがあったのですが、実物を初めて見ましたよ。見た目にはいわゆるU型リムでした。AKRONTを採用したのは当時もしかしたらBORRANIが会社経営が上手く行っていなかったからなのかな?いずれにしろ気に入って乗っていたのですが、スポークのニップルの穴と穴を繋ぐようにしてひびが入って来てしまうのには参りました。私の友人の1100QUOTAの友人はクレームでリム交換をしました。
 写真ではリムのアップが無かったのですが、この写真の見所は多いですね。珍しい黒メッキのラフランコー二のコンペサイレンサー、ビチューボのリアサス、ショートステイのウインカー。アゴスチーニのステップキットも自慢だったかな?

 
c0377022_17502176.jpg
 CB750Fourは鉄リムでした。当時国産でアルミリムを採用していたのはYAMAHAが早くてホンダは鉄リムの時代が長かったですね。もちろんメーカーの考えがあるのでしょうからアルミが偉いって訳じゃないのですが、当時から国産リム(DIDとかタカサゴ)メーカーのアルミリムが出ていましたね。19インチのホイールは真横から見た時の車体のバランスが良くて好きだなぁ。
 このCBは純正部品を流用してWディスクに改造してありました。

 
c0377022_17502149.jpg
 BMW 100Sはアルミリムを採用していました。当時も今もメーカーが判らないのですが、やはりBMWは一筋縄で行かないメーカーで、リムの中央部の背の部分に均等に6ヶ所窪みが入っていて、今から思うと強度を上げていたようです。

 
c0377022_17502189.jpg
 ダイナのリムは文句無しの鉄にぴかぴかのメッキです。重量的にもかなり重くて驚きましたが、キャストホイールはもっと重くて腰が抜けます。ハーレーは誰かが言っていましたが、重いホイールのジャイロ効果を使って直進性を上げているんだとか…本当かな?ただの都市伝説に思えるのですが。重量に関してあまり真剣に考えていないように思えるのですが。
 それとメッキが綺麗な割には裏側のメッキの乗りが良くなくてタイヤを外すとさびているのにはがっかりしましたよ。

 
c0377022_17502218.jpg
 GX750は鉄リムでした。その前時代のTXシリーズ500,650,750はH型のアルミリムを採用していたのにGX750は鉄リムでした。すでに時代はアルミキャストホイールの時代に入りつつあったので海外向けはキャストホイールを多くのモデルが採用していました。なのにGXは鉄リム・・・3型からは大八車のキャストホイール、何か狭間だったのかな?
 でも鉄リムもいいところがあって自分で躊躇なくタイヤ交換が出来ることでした。アルミリムのモデルはリム当てを使ってもあまり自分の腕ではやりたくない作業でした。いまでも通勤のタウンメイトとかの軽量モデルは自分で交換しますが、チューブを傷つけて悲しくなることが多いです。

 
c0377022_17502273.jpg
 TX650に成って初めてアルミのHリムのバイクを持つことが出来ました。20年以上前からの憧れのH型リムでした。Hリムはスポーティーなバイクの代名詞のような感じを持ってました、まだ若かった頃CB400Fourに乗っていた頃、当時の若者の必須アイテムの集合菅よりもアルミリムを入れたくて算段しましたが、かなり高価だった記憶があります。
 Hリムって見た目も格好いいのですが、峰が高いので埃が逃げていかないし、雨の日にも黒くなった雨水が逃げていかないのでツーリングのあとは必ずリム磨きをしないといけないのは面倒でしたが、リムをいつも綺麗に保つ仕掛けだったのかな?(笑)

 
c0377022_17502196.jpg
 そしてエルドラード。最後の最後に憧れの本家本元BORRANIのHリムにたどり着きました。1000Sの当時もBORRANIを入れようかと探したのですが、ニップルの角度とかリム幅とかいろんな制約に選択肢が無くて諦めたことを思い出します。エルドラードが来ると決まった時に一番初めに確認したのがHリムとエキパイの曲がり方でした、詳しくは割愛しますがエキパイのサイドからの曲がり方にこだわりがあったのです。
 MOTO GUZZIは何故かフロントに18インチを採用することが多く、19インチモデルは随分と遡らなければなりません。エルドラードはリム幅もタイヤサイズも前後共通で特に太目のフロントタイヤ(4.00-18)は独特の表情と迫力があります。

 




















.


by Gambaldo850 | 2019-01-09 05:29 | Eldorado | Comments(10)
2019年 01月 05日

スーパーカブC125が来ました。

新しいバイクが来ました。

 新年一発目はおめでたい話題から(笑)。
暮れも押し詰まったある日の夕刻にそれはやってきました。Honda Super Cub C125 です。ずっとっずっとYAMAHAファンで有ることを公言してまいりましたが、モンキーとカブだけは例外中の例外、私はカブとあの横型エンジンが大好きなのです。昨年の春頃よりタイ生産のC125とモンキー125が徐々に顔を見せ始めモーターサイクルショウの会場の反応から日本販売が決定し、モンキーは夏前にC125は秋口に発売されることが決まりました。その時点で非常に欲しいと思いましたが、タウンメイト90も有るしビジネスバイクを二台持つのは間抜けな話のように思えたし、予約販売で年内の販売予定数を売り切ってしまい次回ロットまで待つようだとの噂も耳にしていたので、早くても今年の春過ぎかな?と漠然と考えていましたが、一応と思い友人のバイク屋さんに買いたい意思だけは伝えておりました。
 暮れになって軽く房総に走りに行った帰りに友人のバイク屋に寄り、あの話はまだ本気だよとお願いしたところ、なにやら話が急に動き出しました。私はTW225Eとタウンメイト90のYAMAHAの二台を下取りに出してC125を買うことに決め手続きを始めてもらいましたが、通勤経路でつらつらと考えているとTWは手放してもいいけど、タウンメイト90は10年前に久しぶりに買った新車だったし、10年間通勤と遊びで育て上げて(笑)距離も相応に、と言っても22500kmほどですが、伸びてきたのにこいつとお別れするのは非常に辛いと思ったのでした。急遽タウンメイトは手元に残すことを決めてTWのみ下取りでお願いすることに変更しました。
 C125の在庫を確認してもらったところ、やはりメーカー在庫はもうすでに無く、今注文を入れると5月だと言う話でした。何だよそれならば…と思っていたら、蛇の道は蛇、伝を辿ってあるお店の店頭在庫を引っ張って来れるとの連絡をもらいました、しかもあさってには渡せるよって、私の準備がまるで出来ていない。
 慌ててTWを下取りにだせる状態に磨き上げ、余計な部品は剥ぎ取り準備万端。その日の夕刻にはC125登場、なんと正式発注から4日目には私の手元にカブは届いたのでした。

 
c0377022_17475787.jpg
 新車はいいですね、全く走っていない状態から距離を積み上げていくことが出来る。
翌朝早起きして暗いうちから走り始めました。まずはガソリンを満タンにしに行き、いつもの周回コースの短い方を走り初めました。初めはおっかなびっくりでしたが、慣れればいつものビジネスバイク走りですいすいと走れますし、楽しい嬉しい気持ちいい。
 全ての照明がLEDなのですよ、ただデジタル表示の文字が少し小さいので老眼おじさんには読み取れない時が多い。真ん中の白い部分はギアインジケーターなので走っている時は今入っているギアが表示されます、ちなみにタウンメイトは3速でしたが、C125は4速です。

 
c0377022_17475723.jpg
 冷えた朝だったのでエルドラードに乗る時と同じ格好で走りました。ちょうど朝日が出てきたので記念撮影。
 力加減はタウンメイト90とさほど変わんないなと思えるのですが、エンジンの伸びが違うのでスピードの乗りが段違いです。しかも4速ミッションなのでもう一段伸びる感じでメイトが太刀打ちできる相手じゃないのです。乗車姿勢はこじんまりとした感じでメイトより小柄に感じますが、14インチホイールのメイトより17インチのカブの方がクイックなハンドリングに驚きます。タイヤのせいもあるでしょうが、車体の作りの差が大きいような気もします。

 
c0377022_17475776.jpg
 サスペンションは結構締まっている感じですが、動きは良く衝撃はほとんど伝わらず非常に上品なサスペンションです。エルドラードは足元にも及びません。メイトの動くけど締まりの無い脚とはレベルが一段違います。
 また噂ではGL1800と同じ発泡スポンジを使っていると言うシートは当たりは硬いのですが、座り心地が良く乗っていて楽しいです。後は長い時間乗った時にどうかなと言うところ。

 
c0377022_17475738.jpg
 まだほとんど乗っていないのですが感じたところはこんなところです。もう少し乗り込んだら突っ込んだレポートが書けると思います。
 とにかく、新しいおもちゃが来ちゃったので嬉しくて楽しくて仕方ありません。
(すでに自分好みに少し手を入れました、後々詳しく)

 新年一発目は新しい相棒の紹介からでした。今年もよろしくお願いいたします。
 



















.


by Gambaldo850 | 2019-01-05 05:30 | C125 | Comments(16)
2019年 01月 01日

新年のご挨拶

c0377022_14035471.jpg
 あけまして おめでとう ございます。
 今年も一年、よろしくお願いいたします。

 たくさん走って、たくさんいじって、そして書き続けられるように。

 みなさまも良い年に成りますように。

 Gambaldo850





















.


by Gambaldo850 | 2019-01-01 00:01 | Eldorado | Comments(20)