日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ

2019年 01月 09日 ( 1 )


2019年 01月 09日

ホイールリム

今回はホイールリムの話です。

 ここ25年ほどスポークホイールのバイクしかメインで乗っていません。自分でも驚くことなのですが、パンク大王とか自虐的に名乗っているのにスポークホイールでチューブの入っているタイヤばかり乗っているのです。そんな私の好きなホイールリムについてお話します。今回もかなり私的嗜好の話です。

 
c0377022_17485352.jpg
 まずはいつもの順番通りGUZZI 1000Sから書き始めましょう。
 イタリアのアルミリムといえばもうBORRANIに成るのでしょうか、もちろん歴代GUZZIにも採用されていますし、名だたるイタリアンバイクに採用されています。
 1000Sを買う時にキャストホイールのモデルとスポークホイルのモデルが選べたのですが、私はもちろんスポークを選択。スポークホイールと書いていますが、英語圏ではワイヤードホイールって呼ばれているのかな?
 見た目に断面がH型リムではないのが判っていましたが、リムのメーカーがMade in SpainのAKRONT(アクロン)であることを知りました。名前には聞いたことがあったのですが、実物を初めて見ましたよ。見た目にはいわゆるU型リムでした。AKRONTを採用したのは当時もしかしたらBORRANIが会社経営が上手く行っていなかったからなのかな?いずれにしろ気に入って乗っていたのですが、スポークのニップルの穴と穴を繋ぐようにしてひびが入って来てしまうのには参りました。私の友人の1100QUOTAの友人はクレームでリム交換をしました。
 写真ではリムのアップが無かったのですが、この写真の見所は多いですね。珍しい黒メッキのラフランコー二のコンペサイレンサー、ビチューボのリアサス、ショートステイのウインカー。アゴスチーニのステップキットも自慢だったかな?

 
c0377022_17502176.jpg
 CB750Fourは鉄リムでした。当時国産でアルミリムを採用していたのはYAMAHAが早くてホンダは鉄リムの時代が長かったですね。もちろんメーカーの考えがあるのでしょうからアルミが偉いって訳じゃないのですが、当時から国産リム(DIDとかタカサゴ)メーカーのアルミリムが出ていましたね。19インチのホイールは真横から見た時の車体のバランスが良くて好きだなぁ。
 このCBは純正部品を流用してWディスクに改造してありました。

 
c0377022_17502149.jpg
 BMW 100Sはアルミリムを採用していました。当時も今もメーカーが判らないのですが、やはりBMWは一筋縄で行かないメーカーで、リムの中央部の背の部分に均等に6ヶ所窪みが入っていて、今から思うと強度を上げていたようです。

 
c0377022_17502189.jpg
 ダイナのリムは文句無しの鉄にぴかぴかのメッキです。重量的にもかなり重くて驚きましたが、キャストホイールはもっと重くて腰が抜けます。ハーレーは誰かが言っていましたが、重いホイールのジャイロ効果を使って直進性を上げているんだとか…本当かな?ただの都市伝説に思えるのですが。重量に関してあまり真剣に考えていないように思えるのですが。
 それとメッキが綺麗な割には裏側のメッキの乗りが良くなくてタイヤを外すとさびているのにはがっかりしましたよ。

 
c0377022_17502218.jpg
 GX750は鉄リムでした。その前時代のTXシリーズ500,650,750はH型のアルミリムを採用していたのにGX750は鉄リムでした。すでに時代はアルミキャストホイールの時代に入りつつあったので海外向けはキャストホイールを多くのモデルが採用していました。なのにGXは鉄リム・・・3型からは大八車のキャストホイール、何か狭間だったのかな?
 でも鉄リムもいいところがあって自分で躊躇なくタイヤ交換が出来ることでした。アルミリムのモデルはリム当てを使ってもあまり自分の腕ではやりたくない作業でした。いまでも通勤のタウンメイトとかの軽量モデルは自分で交換しますが、チューブを傷つけて悲しくなることが多いです。

 
c0377022_17502273.jpg
 TX650に成って初めてアルミのHリムのバイクを持つことが出来ました。20年以上前からの憧れのH型リムでした。Hリムはスポーティーなバイクの代名詞のような感じを持ってました、まだ若かった頃CB400Fourに乗っていた頃、当時の若者の必須アイテムの集合菅よりもアルミリムを入れたくて算段しましたが、かなり高価だった記憶があります。
 Hリムって見た目も格好いいのですが、峰が高いので埃が逃げていかないし、雨の日にも黒くなった雨水が逃げていかないのでツーリングのあとは必ずリム磨きをしないといけないのは面倒でしたが、リムをいつも綺麗に保つ仕掛けだったのかな?(笑)

 
c0377022_17502196.jpg
 そしてエルドラード。最後の最後に憧れの本家本元BORRANIのHリムにたどり着きました。1000Sの当時もBORRANIを入れようかと探したのですが、ニップルの角度とかリム幅とかいろんな制約に選択肢が無くて諦めたことを思い出します。エルドラードが来ると決まった時に一番初めに確認したのがHリムとエキパイの曲がり方でした、詳しくは割愛しますがエキパイのサイドからの曲がり方にこだわりがあったのです。
 MOTO GUZZIは何故かフロントに18インチを採用することが多く、19インチモデルは随分と遡らなければなりません。エルドラードはリム幅もタイヤサイズも前後共通で特に太目のフロントタイヤ(4.00-18)は独特の表情と迫力があります。

 




















.


by Gambaldo850 | 2019-01-09 05:29 | Eldorado | Comments(10)