日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 04日 ( 1 )


2018年 07月 04日

パンクした!

パンクしました。

 いつぞや、何度か書いた記憶があるのですが、私は非常にパンクするんですね。道路の走る位置とかすごく気にしていて余計なものを拾わないように車のタイヤが走った轍をなぞるようにしているのですが、やっちゃいますね。この数年通勤のタウンメイト以外にパンクは経験していないので轍作戦はうまくいっていると思っていました。さすがにもう悪運は尽きたと思っていたのですが、自称『パンク大王』は健在でした。
 いままで30台以上バイクに乗り継いでいますが、ことごとくパンクを経験しています。チューブレスタイヤで助かったことも何度もありますが、古いチューブタイヤのバイクに乗り始めてからも度々ありました。心を入れ替えて路肩を走ってクルマの前に出ない、交差点も中央付近は走らないと気をつけていたら本当に驚くほどパンクしなくなったんですよ。ところが久しぶりにやっちゃいました。

 
c0377022_17535129.jpg
 前日の土曜日に早朝から走って帰宅後に車庫に入れる時にいつもより少し重い?と思ったのですが、ブレーキの引きづりを気にした程度でした。翌朝、再び早朝にバイクに乗ろうとしてすべての装備を身につけてセンタースタンドを下ろした瞬間『ボスン』という鈍い音と後が異常に重くて…あぁ、パンクしているってすぐに気付きました。
 とんでもない重さのパンクしたエルドラードを切り返して車庫の真ん中まで持っていきセンタースタンドを掛けようとしてもとんでもない重さで、朝から超人ハルク並みの怪力でやっとスタンドを掛けてリアタイヤを確認すると、刺さっていました!ホレこの通り。
狙ったように見事に溝の狭いところに刺さっていますね! 脱力しましたよ、本当に。

 
c0377022_17542104.jpg
 自分でパンク修理をするにしても、お店にお願いするにしてもとりあえずはホイールを外さないとお話にならないので準備をします。
 エルドラードはリアフェンダーがとても深い(長い)ので、リアタイヤを後に抜くことが困難なので、知恵の輪をひねり出してホイールをはずします。作業台が有ればやり易いのでしょうが、ここは少しでも下に抜けるようにするためにセンタースタンドの下に2×4の角材を噛ませます。これも一人でやるのは危なかったです、手が三本有るか助手がいないと反対に倒しますよ。私はひとりでやりましたが、バンパーが無ければ無理でしたね。

 
c0377022_17592908.jpg

 アクスルシャフトを抜く前にブレーキ周りのロッドを外しておきます、トルクロッドがタイヤに当たりますねぇ。シャフトを抜いてブレーキパネルを取って、フェンダーさえ深くなければチェーンドライヴのバイクより断然楽なんですが、ここからが難題でした。左側のリアサスペンションをはずし、可能な限りホイールを左に振ってなおかつ斜め後に傾けながら引き抜くと何とかギリギリ外す事ができました。もう一度同じ事できるかな?

 
c0377022_17542040.jpg
 せっかく外したんだから細かな所の確認と掃除をしましょう。ファイナルケースの裏側(内側)は結構汚れているので、しっかりと油汚れを拭き取りましょう、シールの状態の確認もします、やはり過去に交換履歴があることを見て判りました。オイル漏れを起こしたトランスミッションと同時期に交換したのかなぁ?
 ホイール側も掃除しましたが、そちらのほうが過去の汚れの蓄積がすごかったです。硬く固まったグリスの汚れはなかなか頑固でした。ホイールベアリングも動きを確認、問題無さそうでした。

 結局、パンク修理はホイールと予備チューブ持ち込みで近所の老舗外車屋さんにお願いしました。元々GUZZIの代理店だし、私が1000Sを買ったところだし、R1150GSもそこで整備をしてもらっていました。久しぶりに連絡を取って行ってみると代替わりというか、経営者が変わったせいででしょうか、わたしが知っている顔は一人しかいませんでした。
 チューブ交換をお願いしている間、きれいなショールームでピカピカのBMWをひとつひとつじっくり拝見しましたが、凄いなぁと思うのですが、買いたい気が起きないのが…新車を買わないで細かな部品の注文、パンク修理しか頼まないゴミの様なお客のわたしです。20年前はいいお客だったのになぁ。(下町の隠語で金を使わない客を『上げ潮のごみ』と言います(笑))


c0377022_17593405.jpg

 家に戻ってきて早速組み直します。ホイールを組む前に普段手が入らない所をきれいにしましょうね、スイングアームの根元とか、リアフェンダーの裏側とか、雨の中を走っていないのに結構汚れが積もっているものですね。リアブレーキのシューの当たりを確認しましたが、これもきれいに均等に当たっていました。
 外した時と逆に順番に組み上げていきますが、どうしてもタイヤのサイドが当たってしまってホイールを入れることができません、知恵の輪を何度も組みあげたのですが入らないものは入らない。ふと、抜くときはパンクしていたからタイヤが細かったんじゃないか?と気がついて標準空気圧が入ったタイヤの空気をプシュ~と抜いてみたら見事に収まりました。アクスルシャフトにグリスを刷り込んだり、可動部にグリスを入れたりしながらゆっくりと間違いないように組み上げました。
 史上初めての6月の梅雨明けの翌日でしたからもうとんでもない暑さの中で大汗を掻いての作業でした。

 
c0377022_17535215.jpg
 自称パンク大王の磁力で呼び込んだ釘です。頭が取れていますが、なんだか少し軽いのでアルミの釘なんてあるのかな?
長さは4cm弱でしたが、よくもまぁ拾ったものです。
 TXでは丸4年40000km近く釘を拾わなかったのに残念です。私はパンクが多いので、路面を凄く気にして走っているのですが、今回はきっと自宅近くで拾ったんでしょうね。幸いな事に翌日の自宅でフラットタイヤでしたからまだ運があったと思いましょう。
 この先再びチューブレス加工をするか、どうしようか思案しています。ひと気のない山道でパンクしたら嫌だもんなぁ。



















.

[PR]

by Gambaldo850 | 2018-07-04 05:33 | Eldorado | Comments(18)