日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 17日

負圧のバランスパイプ取り付け

以前からやってみたかった遊びです。

 大きな2気筒はアイドリング時や低速走行時に吸気の脈動が大きいのでそれを繋いであげると回転が滑らかになる・・・はず。これはずっと前何かで読んで頭に残っていたことでした、そう言われれば確かにYAMAHA XS-1も吸気ポートの手前に、MOTO GUZZI 1100Sportのエンジンを積んだMAGNIにも吸気マニホールドに連結パイプが付いていることを知っていました。以前GUZZI 1000Sに乗っていた時に同じことをしようと考えていたのですが、やらずじまいでした。今回ふと思い出したので手持ちの部品で出来そうなのでやってみる事にしました。果たして結果はどうなるのか、スムースになるのか、それとも効果なしか、はたまた平坦になってしまってつまらなくなるのか。

 
c0377022_17403491.jpg

 インテイクマニホールドのこの部分に吸気の同調を取るためのネジ穴が開いています。ここを利用するのです。
 
 
c0377022_17403462.jpg
 右側にも同じ位置に穴が開けてあり、メクラ蓋の代わりに6mmのネジが締めこまれています。左右にそれぞれヴァキュームゲージを刺してキャブレターの同調を取るためのメインテナンスホールですね。

 
c0377022_17403559.jpg
 6mmピッチ1.0のネジが切ってありますのでそれに合う通気が出来るネジに交換します。

 
c0377022_17403578.jpg
 今回流用したのはグリスニップルです、一度分解して中に入っている小さなベアリングとそれを押さえるスプリングを取り除いてしまいます。ネジ部はちょうど6mmなのでそのままねじ込むことが出来ますし、ニップルの部分がホースの抜け止めの形になっているので具合がいいです。しかも角度が付いているのでホースの向きに無理が掛からず好都合です。
 ネジの嵌りが少しきつかったので雌ネジをタップで、ニップル側をダイスで軽くさらってスムースにねじ込めることを確認しました。母材を痛めてしまったら間抜けなことになってしまうからです。

 
c0377022_17403548.jpg
 連結チューブは柔らかくて半透明な水槽用のエアチューブを使いました。ちょうど内径がキツキツで具合が良かったからです、この時点では気付いていないのですが、もっと丈夫で厚みの有るやつの方が効果的なはずです。

 
c0377022_17403513.jpg
 改造したグリスニップルとシリコンチューブはこんな感じで繋ぎます。

 
c0377022_17403667.jpg
 左右を連結して早速エンジンを掛けてみましょう。アイドリングは今までと同じくらい安定していますが、こればかりは走り出してみないと効果が判りません、明日の朝走るのが楽しみです。
 アイドリング時にホースを軽く握ってみると驚くほどの脈動を感じます、効果を確信したもののチューブを触るだけでここまで判るのはチューブが柔らか過ぎて連結の効果を下げてしまっているかも?とこの時思いました。今度はもう少し厚みの有るチューブを試しましょう。
 写真はアイドリングの時に撮った物ですが、半透明のチューブの中がほんの僅かピンク色なのが判るでしょうか?ハイオクガソリンの混合気が行き来しているのが見えるのですが、混合気ですからガソリンが混じっているんですね(当たり前ですが)、アイドリング程度だとあんなに噴霧化していない状態の混合気がポート内を流れているんですね、初めて実際に見て嬉しいのと驚きでした。

 
c0377022_17403404.jpg
 脈動はアイドリング時が最高で、3000回転も回ると脈動は感じるものの弱いです。ということはこの連結はやはり極低回転時に効果があるものなのですね。
 エンジンを止めると混合気がチューブ内に残り霧化したガソリンが元に戻りチューブの中にこのように残りました。やはり継続使用する時は耐ガソリンの厚めのチューブが必要なようです。いずれにしても効果を確認するために早速乗りましょう。

  翌朝喜び勇んで乗り始めました。まずは正直に駄目だった部分から書きます、柔らかめのシリコンチューブを使いましたが、これは大失敗でした、エンジンの熱でより柔らかくなりチューブ内の負圧に耐え切れずに潰れてしまいました。その後もっと硬くて丈夫なものにすぐ交換しました。柔らかいチューブでは効果半減だと指摘されていたのですが、その通りの結果でした。
 次にうまくいったと思えること。暖機が終わった頃には確実にアイドリングが低くなっていることを確認、前日低くなったのかな?と思っていましたが、低くても安定したアイドリングでした、これは効果あり。低ければいいってモノじゃないけど、安定して1000回転ほどで回っているのは気分がいいです。アイドリングの僅かに上の回転でギアを掻き上げて行くとなんか変にスムースに走れて気持ち悪いくらい、これもありなのかな?
 そして一番驚いたのは5速2500回転60km/hほどで無振動でポトポト言いながら気分良く走ること、今までも何度かこのような経験はあるのですが、確実に出現するのは連結チューブの効果か?回転が高いと効果は薄いといわれたので、これの確認は継続審議です。無振動でポトポト走っている様はハーレーのひと世代前のエンジン『TC88B』 を積んだソフテイルで走っている時を思い出させました。
 いずれにせよ、面白かったのでもう少しこのままで走ってみようと思います、駄目なら元に戻すだけですから。


 この話をFBに書いた時にもらったアドヴァイスに、やはり低回転時の効果がある、時代が進むとキャブレターの性能が上がり必要性が低くなった、ループのエンジンはフライホイールが重いので効果が薄い(面白みが減る)、と教えてもらえました。こういったアドヴァイスは本当にありがたいもので、とにかくやっちゃえと行動したことにちゃんと理知的な説明をしてもらえるのは嬉しいです。
 いろんな部品がなぜ今は付いていないのか、なぜ付けた方が良かったのか、知らないことばかりです。




















.


[PR]

by Gambaldo850 | 2018-11-17 05:27 | Eldorado | Comments(8)
Commented by otokichi2005 at 2018-11-17 06:30
排気は排気脈動とかの効果で連結されているから、吸気も連結すれば効果あるような?
実験結果に興味が湧きます。
Commented by TC at 2018-11-17 12:02 x
Mr. gamba

こんばんは。

これは面白いですね。
思ってもみなかったことなので、不思議に思ったりもするのですが、原理を考えるとMr. gambaの望んでいる通りになっても不思議ではありません。

思ったことはなんでもトライしてみるものですね!
Commented by Gambaldo850 at 2018-11-17 16:34
>どかぽるさん どう評価したものか迷うのですが、アイドリングから極低速は確かに効果があります。
滑らかになったというか、ぬるんとした感じですが、ゴリゴリした力感は無くなります。
慣れが大きいかな?

一番驚いたのが5速でのクルージング時の静かさですが、これは効果なのかどうかわかんないのが正直なところです。
Commented by Gambaldo850 at 2018-11-17 16:37
>TCさん 確かにトライですが、エラーかも?(笑)

一時期の国産車には4気筒でも採用されていました。
随分前のYAMAHAはエンジンの中に組み込んでいましたが、今はありませんね。
しばらく継続使用して結論を出します。
Commented by どかまん at 2018-11-20 09:23 x
以前FCR付いてるあのルマンⅢでいつも感じてたことなのです。ロングツーリングの時、スロットルを開け気味の時やたらにエンジンの回り方が粗雑というか振動を感じる時とエンジンが全部オイルまみれになってるんじゃねぇ~かと思うくらいトロントロンで汁ダクおねいさん状態に感じる時があって不思議だなぁ~?って思ってたのですが、そのトロントロンの時は、軽井沢の帰りとか、東部湯付近の帰りのようなやや下りでそれは感じ、若干登りでトルクがかかる所で振動が発生してたようでした。元々FCRでストレスなく回るエンジンだっただけにその挙動変化が大きく感じられ、ある意味ストレスになってました。その振動の種類はノーマルのプラグをスプリットファイアーに替えた時の振動に似てる感じです。G5では重いフライホィールだし、小さなキャブで起爆力がクランクに伝わる挙動等あまり神経質になる事も無いので今は気になりませんが、もしダラダラ坂をスロットルを煽った時に感じる・・あの汁ダクおねいさん状態・・が再現されるなら、同じ工作してみたいなぁ~~!!!!
ホースは何がイイかなぁ~~ ?
Commented by Gambaldo850 at 2018-11-20 15:03
>どかまんさん まずはいちばん最初にお断りしなくてはいけないのは、これの効果は多分アイドリングの時とそこからの開け始めのほんのちょっとしか効果がないと思うのです。
高速走行時のとろとろおねいさんはの効果は他の何かが関係ありそうですね。
G5もフライホイールが重いので効果は限定的かもしれません。確実にアイドリングは安定しますが、元々G5は不安定じゃないでしょう?

ホースはキジマとかから出ている二重の耐ガソリンの5㎜のやつかな、負圧に負けないくらい丈夫です。
Commented by Kachi at 2018-11-21 07:04 x
これは興味深いですね。
アクセルを開けるとワイヤーの引き具合でバキュームが変わるし、そうなるとあの細いチューブでは負圧差を吸収しきれないかもと想像できます。
RTでも実験したくなりました^_^

Kachi//
Commented by gambaldo850 at 2018-11-21 08:28 x
>Kachiさん 初期型のRZ250とかにキャブを連結してチャンバーを付けるYICSっていうのが流行った時代があるんですね、目的は同じだと思うんですよ。
インジェクションのRTなどはアイドリングも高くて安定しているので必要はないかもしれませんね。

細くても丈夫なチューブじゃないと結構な負圧で負けてしまい効果半減でした(笑)。


<< これからのことなど。      コンデンサー四方山話 >>