日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 08日

東北ツーリング 2日目


東北ツーリングの2日目のお話です。

 前夕から雷雨が凄く、同じ山形県内では浸水被害が出ているような状態でした。いったん止んだものの、夕刻の雷と雨の音が凄く、寝ていてもびっくりするような夜でした。雨ざらしのエルドラードのことが気になって仕方ないのです。もうひとつしまった!と思ったのが、シートに雨除けの物を掛けなかったのです。シートのレザーの縫い穴から中のスポンジに雨が沁みこんで、この先のツーリング中にずっとお尻が湿ったままになっちゃう可能性がある・・・。

 
c0377022_16145380.jpg
 朝起きたら普通に雨が降っていました。昨夜から乳頭温泉に集まる仲間と連絡を取り合い、はじめの予定だった岩手・秋田県境の栗駒高原経由で岩手県央を県道で繋ぐルートは危険と判断して各自乳頭温泉まで走行し宿で合流となりました。
 私も走行ルートをいくつか検討しましたが、浸水の恐れや通行止めを考え峠越えを排除し基幹国道の国道13号を北上する一番安全と思えるルートを設定しました。以前走ったことがあるコースでしてかなりの大雨でも通行止めにはなりそうもありません。
 写真はメーター周りのみ浸水を恐れた簡易防水で一晩過ごしたエルドラード、各部の濡れ具合は凄いものでしたが、心配したエンジン始動は一発始動で安心しました。安心したよ本当に。

 
c0377022_16145303.jpg
 かなりの雨の中を淡々と走ります、結構な降りでしたが私はこの季節の雨のツーリング自体は嫌いではありません。寒さの心配が要らないので少しくらいの雨の雨具への浸水位気にしませんし、今は良い雨具があるので宿からの出発ならば完全防備で出発できますから。
 強めの雨の中をエルドラードは大したものだね、エンジンは絶好調だし、これなら心配無しでツーリングに行けるよねぇ。と心の中でエルドラードを褒めていました、それから僅か5分もしないうちに(これは本当の話ですよ!)エンジンが急にバラツキました。あっという間にレスポンスが落ち不正点火のパンパンが出てしまいました、瞬間頭に浮かんだのは『リーク!』でした。
 ちょうど大きな酒屋の駐車場があったので滑り込んでアクセルを煽るとパパパパ~ンッ!とヤバイ感じ。片肺ではなく両方なのですぐにプラグキャップを付け外して確認・変わらず、ディストリビューターの真ん中のコードを抜くとゴムのカバーの内側からポロッと水滴がこぼれた、これか?乾いたタオルで各部をよく拭いてコードを刺し込みエンジン始動、まったく普通に戻った!ディストリビューターの真ん中のコードの漏水リークと判断しました。この先コンビニの軒下でもう一度確認し、浸水防止のためにガムテープで簡易補修しましたが、これでこの先雨の中を問題無く宿まで走れました。

 
c0377022_16145468.jpg
 まだ降り続く雨の中を走りながら、なんでシリンダーの後ろにあるデスビの配線の真ん中だけ浸水するのかずっと考えていました。場所的に雨が直接当たるのは考えにくいんですよねぇ。信号待ちでふとデスビの有る右下を覗いてみるとまた水滴が流れていく・・・なんと、タンク前面・上面に当たった雨がタンクの曲面に沿って流れ落ちるところがディストリビューターの蓋の上なんです!(一枚上の写真参照)しかも運の悪いことにハイテンションコードに被さるカヴァーゴムがリプロ品で緩い、微妙な隙間があるんだ。
 秋田県に入ると雨は弱まり、道の駅雄勝に付いた頃はすっかり雨は止んでいました。この道の駅は前回に寄った時も雨上がりだった記憶がある、不思議な縁だな。


 
c0377022_16145439.jpg
 朝走り始めた時から気が付いて気になっていたのがタコメーターのガラスの曇り!
普段朝練の時でさえ微妙に曇りが有るのが気になっていて、なおかつ新品にしたDUCATI(笑)のスピードメーターが綺麗だから余計気になる電気式タコメーター。
 実はこの2時間後の時間調整中にガスライターの火でガラス面を炙るという暴挙を敢行、ほとんどの曇りは取れましたよ。無謀な作戦に見えますが、炙る時間の調整と駄目元精神があるなら出来ますよ。

 
c0377022_16145404.jpg
 宿のチェックインは3時から、朝出発した東根温泉から乳頭温泉まで大きな道を使って走っても200kmほどの行程です。かなり余裕を持って宿を出たのですが、時間が余ってしまいましたので脇道に逸れて景色を楽しみます。雨も上がり路面もすっかり乾いているので、地図で確認して県道を繋いで走ることにします。県道を走っていると一面の田んぼを発見、さすが米どころ秋田、県道からまた逸れて記念撮影。右側からの写真ばかりで失礼。


 
c0377022_16145437.jpg
 田沢湖方面で時間をつぶして友人たちもほぼ同時刻に集まれるようなので宿に向かいます。
乳頭温泉の鶴の屋というのは有名な温泉宿だそうで、予約を取るのが大変とのこと。私は一人旅ではこのような宿に泊まらないので非常に楽しみ。
 この看板の先に砂利ダートがあるので少し緊張しますが、大きなハンドルのエルドラードに怖いものなし、恐れるに足らず。

 
c0377022_16145443.jpg
 このような茅葺きとか木造のレトロなお宿です。温泉も白濁で雰囲気が盛り上がります。ちょくちょく顔を合わせる仲間4人とおいしいご飯、気持ちのいい温泉、だらだらと馬鹿話の連続。楽しい時間は速く、あっという間に夜更けになり就寝。

 雨による予定変更は仕方なし、それもツーリングにありがちなこと、翌日の晴れを期待して2日目終了。

 本日の走行 200km これはしょうがない。
 給油もせず、エルドラードは22.5リットルタンクなので400km以上走れるからツーリングにはもってこいのバイクですね。

 今回のツーリングで一番恐れたトラブルがタイヤのパンクでした、二番目が訳の判らない電気のトラブルでした。点火が不調に成った時に頭の中でいろんな可能性を考えましたが、深刻な問題とは思いませんでした、リークならば場所を特定できればいいのですから。ハンドルスイッチの中とか、メインスイッチの中じゃなければ大したことが無いと決め付けていました。幸いこの日はガムテープ作戦がうまく行ったので何も心配はしませんでした。
           後日談があるので怖いのですが・・・。




















.

[PR]

by Gambaldo850 | 2018-09-08 05:12 | Eldorado | Comments(8)
Commented by TC at 2018-09-08 10:53 x
Mr. gamba

第2話は雨中走行劇でしたね。
水滴による電気系統の不具合のみで済んでのは良かったですね。これでまた改良する箇所が明確になったのですから。

タコメーター内の曇りの改善も必要ですね。

一晩中雨に降られても、一発で始動してくれたエンジン、長時間の雨中走行でも安定して走りをしてくれたエルドラード。
それに一番心配だったパンクもなしです。

それにしても雨の中の長時間走行は切ないですね。
自分は未経験です。

温泉宿の雰囲気最高ですね!
Commented by msfive at 2018-09-08 17:55 x
かなりの雨に降られてしまったのですね。
雨のツーリングで、電気のトラブルとか考えたくも無いです。
良く復活しましたね。続きがあるみたいですが…。

東北は、走った事がありませんが、日本の田園風景は美しいですね。
長野に住んでいた頃を思い出します。
この温泉旅館、とてもいいですね。何時か行ってみたいです。

Commented by otokichi2005 at 2018-09-08 18:20
何が起きても現場で対応できちゃうんですね。
何としても走り抜く根性に感服です。
ガンバさんのトラブルシューティングは、実践マニュアルとして活用させていただきます。
Commented by Gambaldo850 at 2018-09-08 18:29
>TCさん この日の雨の中の走行が一番残念でした。
というのも予定ルートは10年ぶりくらいに走るつもりだったからです。
まぁまた来いよという事でしょうか。

点火の不調はこのときはすぐに直ったのですが、再発しました。
結局因果関係はわからないものの部品交換をすることになります。
帰宅後の整備でも不調箇所を発見しました。

それでもエルドラードは良く走りました。
Commented by Gambaldo850 at 2018-09-08 18:33
>msfiveさん 雨の中の電気トラブルは気が重いですね。
浸水がほとんどの原因ですが、乾くまで結果が判らないですから。
来たかぁって思いましたよ、用心していたので焦りはしなかったですが。

東北の温泉旅館は雰囲気があるところが多く、それを売りにしているのが流行ですね。
外国人が多いのも理解できます。
Commented by Gambaldo850 at 2018-09-08 18:35
>どかぽるさん ループは来るべきところがなんとなく事前に判るので準備だけはしておりました。
ノントラブルで走りきるのが理想ですが、リカバリをすぐできるようにしておくのも大切ですね。
今回は運があったのも有るのですが、電気部品の携帯は必須ですね!(笑)。
Commented by postpapa at 2018-09-09 18:39 x
泊まりのツーリングの時は、薄い車体カバーを持って行きます。
カッパくらいの大きさなんで、場所も取りませんし。
完全防水ではありませんが、直接の風雨を避けられるしある程度悪戯防止になるかなと。
何より愛車だけが屋外で濡れていると言う罪悪感が無くなりますので。
北海道ツーリングの時、糠平のペンションにバイク専用のガレージがあったのは有難かったです。
(倉庫をバイク用として開放してました)
Commented by Gambaldo850 at 2018-09-10 06:10
>postpapaさん 今回参加した友人が100円ショップの自転車用のカバーを持ってきていたんですよ。3つ持ってきていてぼろくなったらその場でぽい出来るから便利だよって。
目からうろこでした、今度から私も真似します。

屋根の無い宿はひるみますね、特に雨が降るのが判っている時は。
二度目は無いなと思いますもの。


<< 東北ツーリング 3日目      東北ツーリング 1日目 >>