日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 14日

ルマン会議 1~5

ルマン会議の思い出
エルドラードからは少し話が逸れてしまうかも知れませんが、わたしにとっては大切な事なのでまとめて書いておこうと思いました。

GUZZIの集まりであるルマン会議は今年で10回目の記念すべき年でした。はじめは10台にも満たないGUZZI達で始まった集まりも、今回は前夜祭で60台ほど、本番では100台を超えるGUZZI好きが集まる大きなイヴェントになりました。始まりの始まりにほんの少し関わった事や、それ以降も参加していたことも含め、仕舞いには私自身がGUZZIに復帰するという大きな繋がりもありました。参加し続けていたから今があると思っているのです。

 
c0377022_19540666.jpg
 毎回、ルマン会議議長の吉田さんが参加者に配ってくれる逆三角オニギリの参加章です。第1回だけ持っていませんが、その理由は後で書きます。前回第9回だけ何故かデザインを変えてしまったのですが、それもご愛嬌でしょう。今年の第10回も三角ステッカーは10枚ほどの限定ヴァージョンでした。私はエルドラードでの参加でしたので、特別の復活賞としていただきました。

c0377022_19544370.jpg
 2009 第1回 一番最初のルマン会議は長野県の野麦峠の近くのスキー場で行われました。5月の最終週だったでしょうか。前年に私はGUZZI 1000SからBMW R1150GSに乗り換えてしまったのです。そのあたりの事は何度か書いているので詳しくは書きませんが、のんびりロングツーリングをするつもりで買ったのに、とんでもない快速バイクで人生で一番飛ばしつつ長距離を走った頃でしょう、年間20,000kmを越えた年もありました。
 ルマン会議はいまと同じ泊りの前夜祭から始まったのですが、さすがにその頃はGSで参加する勇気もなかったので翌日の集まりに顔を出そうと思っていました。早朝に都内を出て中央道を茅野まで行って高遠を走り伊那から権兵衛峠を抜けて野麦峠方面に行くつもりでしたが、何故か高遠の町から国道を左折して国道152を浜松方面に向かってしまったのです。GSはそういうことを誘う魔力があるんですね、国道が途切れているしらびそ峠に寄り、日本のチベット言われた下栗を抜け、大井川沿いに静岡県に抜けて東名で帰ってきちゃったんです。日帰りで800kmほど有ったでしょうか、ルマン会議に対する裏切りですね。そういうことをサラッとしてしまうのがBMWのGSの凄い所ですね。

c0377022_19540690.jpg
 2010 軽井沢 第2回 軽井沢の有名ペンション・シルヴァーストーンに泊まってのルマン会議でした。私は前夜祭はやはり不参加でした。翌日の集まりは鬼押し出しの火山博物館のある駐車場、浅間ミーティングのバイク博物館のあるところです。私は朝都内を出たのですが、都内は曇りでしたが、軽井沢方面は霧雨でした、徐々に止んできたのですが、さすがにこの天候だったので当日の集まりはよくなかったかもしれません。はっきり確認していませんが、当日は3~40台はいたと思います。再び懲りずにR1150GSで日帰り参加しました。

c0377022_19544433.jpg
 2011 第3回は能登半島の能登島でNOTO GUZZIでした。この会は能登島の民宿を借り切り魚三昧の贅沢な前夜祭でした、どうして知っているのかというとこの回から参加し始めたのです。当時GSとR100SのBMWの二台持ちでしたが、GSがあまりに速過ぎるのでヤバイと思ってOHVに乗り換えつつある時期でした。泊まりの参加の人数が予定より少なくなりそうなのでわたしにも泊まりで来たらとの声がかかったのでした。当時能登半島はバイクでは未踏の土地だったので二つ返事で参加させてもらいました。その後能登が気に入って立て続けに3度も行ってしまったのです。
 写真では路面が濡れています、前夜からかなりの雨でしたが、本会議には徐々に好天になるようでした。わたしの自慢の一つにこの15年ほど異常な『晴れ男』で、昼間に丸一日雨に降られるツーリングを経験したことがなかったのです、この日も能登半島を回り新潟の糸魚川まで行ったのですが、晴れました。糸魚川で泊まった宿は先日の火事でなくなってしまったようです・・・。
 能登島ということで関西方面からも参加し易くなったこともあり台数は多かった記憶があります。

c0377022_19544441.jpg
 2012 第4回 この年初めていまの定宿の長野県小諸の中棚荘に泊まる様になりました。前回BMWで参加したことが癖になり、なんとこの回は掟破りのHD/FXDCで参加したのです、いままでずっと観察していますが、ハーレービッグツインで泊りから参加している比ひとはたぶんいなかったように思うのです。この辺りでHDとGUZZIの人成りの差が判るような気がします。ほかの集まりは知りませんが、とにかくGUZZIの集まり/特にルマン会議はゆるいんですよ。GUZZI乗りの特性として異質な物に乗ってきた連帯感というかガードの固い集まりではなく異質を受け入れる柔軟性のある集まりなんですね。前夜祭の宿でも酔って迷惑を掛けるひとは皆無ですし、二次会も終了と共に後片付けも始まるし、本当にゆるいけどしっかりしたひとの集まりなんです。バイクの熱い話しはしますけどね。
 この日は軽井沢のモトティカに集まりましたが、たぶんルマン会議史上最高の集まりになったのではないでしょうか。会場に入りきれないほどのGUZZIが集まり110台を超えたらしいと聞きました。さすがにHDを厚顔で駐車場に入れませんでしたが、タンクにMOTO GUZZIマークのステッカーを(冗談で)貼られました。
 私は軽井沢から新潟方面に抜け会津若松まで行き泊まりました。翌日は磐梯方面を走り回りました。


c0377022_19544444.jpg
 2013 第5回 こちらも今の定宿の岐阜県揖斐川の揖斐川丘苑でのルマン会議でした。関西方面、九州からも来やすい分参加者も大変多く、前夜祭でも70人を超える集まりになりました。この回より九州組が参加してくれるようになり、いまでも続く濃い絆が出来上がりました。晴れ男を自認していましたが、この日の行きは見事に走行中ずっと雨に降られ続けました。写真の中では赤いバイクの中に浮き出る銀色のGX750改850です。GXのツアラーとしての資質を感じる事の出来るツーリングでしたね。
 揖斐川丘苑の売りは新鮮な鮎料理ですから一年分の鮎を一晩で頂く感じです。宿の雰囲気もよく、二次会の盛り上がりもここならではですね。また翌日の本会議ですが、宿の駐車場がとても広いのでそこで行います、関西方面からの日帰り参加が多いのも特徴です。

 毎回ルマン会議に参加しながら前後に休みを取りロングツーリングを楽しんでいます。1年のツーリングシーズンの始まりを感じる季節ですね。

 今回は急ぎ足で第1回から5回まで書きましたが、次回は6回から今年の分まで書きますね。

 

















.

[PR]

by Gambaldo850 | 2018-06-14 05:32 | Eldorado | Comments(8)
Commented by TC at 2018-06-14 10:32 x
Mr. gamba

こんにちは。

ルマン会議の歴史を垣間見ました。
なかなかの凄腕の集まりのようですね。

自分はビートルやジープのオーナーズクラブなどから声をかけられることは多いのですが、今まで一度も属したことのない人間なので、同じ趣味を分かち合うことをあまり知らないのですが、楽しいものでしょうね。

それにしても日本で、それもバイクで、年間走行距離20Kとは恐れ入りました。
もしMr. gambaがアメリカにお住まいなら、もう何度もバイクで大陸横断をしていることでしょう(笑

また、続きを楽しみにしてます。
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-14 20:29
>TCさん なかなか個性的なひとが多く、バイクに乗っていない時はそのスジでは有名な方も多いです。
デザイン関係の仕事の方も多いですね。

GSに乗っていると走ることが普通に成ってしまうのです。
それ位すごいバイクなんですが、逆にそれがアダになってくる事も有るんですよ。
アメリカ大陸を走るならばやはりご当地のハーレーのツーリング系でしょうね。
またはアメ車のセダンかピックアップで!

実はわたしもクラブやミーティングが苦手な方なんです。
このかた、ルマン会議以外に集まりに参加したことがありません。
Commented by TC at 2018-06-15 10:15 x
Mr. gamba

こんにちは。

Mr. gambaは大柄で貫禄がありますから、ハーレーが似合うでしょうね。
あとフルサイズのピックアップトラックか、60年代のフルサイズのキャデラックも絶対似合うと思います。
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-15 20:40
>TCさん ハーレーに乗っていた頃は一番似合うってよく言われました。
でも、本人は大して嬉しくなかったんですよ(笑)。

それよりV8のでかいセダンやピックアップでドロドロとカントリーロードを流したいです。
ロードムービーを地でいきたいです(笑)。
Commented by タケちゃんマン at 2018-06-16 22:21 x
こんばんは、GSからのお付き合いですので、今回の流れが良くわかります。
GSのブログを見た時には、本当に、快走・快走で、良く走りまくる人だなあと。
BM、HDと、より二気筒感をゆっくり楽しむ方向に行きましたよね。
TXに至っては、走りといじりと、どっぷり感満載でした。

自分もやっと、このゆっくり感の楽しさが、少しわかってきたところですが、
最近ミニバイクでトコトコなんかもやってます。
Commented by Kachi at 2018-06-17 11:51 x
私がいま乗っているRTを購入した2007年くらいからガンバさんのブログを拝見
していますけど、グッチとはほとんど縁のない私でもなんとなく懐かしい感じを
おぼえました。
なんだかとても独特で、でも一度覗きにいって見たいなぁと思うミーティングに
思えたのを今でも思い出します。
しかしすごいですね、こんなに大きな組織力といっていいのか、集まりになった
のはやっぱりみなさんのフランクさが大きいんでしょうね(^^)

Kachi//
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-17 12:38
>タケちゃんマンさん そう、GSからのお付き合いですね。
GS時代はバイク人生で一番距離が出たかもしれません。
走るのが楽しくて仕方なかったですよ。

ゆるりと走るのに嵌まれるひとは抜け出られませんよ。(笑)
違う乗り方もあるんだなぁって思えますよね。

わたしも以前はNSR50でミニサーキットを走っていましたよ。
今はもう出来ないだろうなぁ。
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-17 12:43
>Kachiさん そういえば同じエルフ出身でしたね!
エルフさん元気に営業しているかなぁ?

GUZZI乗りはなんかゆるくて良いんですよ。
そういうひとがたまたま集まったのかもしれませんが、偶然にしては面白いです。
次回面白い発見が有ったので書きますね。

揖斐川の時には見に来てくださいよ!
関西方面の日帰り組みも多いですし、京都とはお隣みたいなものでしょう?
一度覗いたらGUZZI沼に嵌まってしまいますよぉ。(笑)


<< ルマン会議 6~10      完璧だったのか? >>