日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 10日

完璧だったのか?

完璧だったはずなのに。

 エルドラードが戻ってきているのですが、お天気がまったくダメで、ほとんど走ることができません。走れなければ書くことも無く、さて困ったものだ、少しサボってしまおうかと考えましたが、ふと昔の事を思い出したので書いてみます。
 
 もう20年近く前から10年ほどGUZZI 1000Sに乗っていた時代がありました。その頃はGUZZIに乗っているという事は風変わりなへそ曲がりを自認していてそう見られることを楽しんでいる人たちが多かったように思えるのです。私はもちろんひとが乗っていないということが最大の誇りでしたし、同じ趣味を持つ仲間とGUZZIを連ねていくことがとても楽しい事だったのです。日本国内では結構不当な評価があったGUZZIですが、乗ってみればこんな個性的で楽しいバイクも無かろうと思えるほどでした。乗ったことの無いひとのイメージだけや、大した能力も無いライターが書いた雑誌の記事を鵜呑みにしているひとが勝手な都市伝説を流布しているようなバイクでした。実際雑誌記事で何を言っているのよこのひとはということもままあり、それでもそのせいでひとが乗らなきゃ数が増えないから良いかな?位のものでした。
 でも、それも腹立たしいので、GUZZIってこんなに面白いんだぜ、楽しい仲間がいるんだぜ、ということを書きたくてブログを始めたなんて事もありました。それ位大好きだったのですが、この写真を撮った日以降少し覚めていく自分に気がついたのです。

 
c0377022_16282239.jpg

 仲のいいGUZZI仲間と春先から晩秋にかけて毎月一度関東周辺を走り回るツーリングをしていました。それなりに飛ばしていたし、速い仲間についていくのも楽しい事でした。この時も軽井沢から渋峠方面に走りに行ったとおもいます。今年のルマン会議の集合場所の鬼押し出しハイウェーの六里ヶ原のパーキングに仲間とGUZZIを並べて撮ったものです。日付を見ると12年前のちょうど今ころでした。
 この日も朝から楽しくて高速もいいペースで走ったし、ワインディングも楽しめました。昼にいつものそばやさんでおいしいそばを食べたし、帰宅後も心地良い疲れと共に『完璧』なツーリングだったなぁと思える日でした。
 帰宅後写真を整理していてふと、完璧はまったく傷の無い球だからあとは壊れるしかないんだよなぁって感じたんですよ、そうしたらいっぺんでいろんな事が醒めてしまって、1000Sに乗り続けるのが辛くなって来たんですよ。
 ほかのバイクで一般道をのんびり走りたいと思い始めて乗換えを決心したんですね。
*ちなみにわたしの1000Sは一番左のイモラカウルの付いたものです、たくさん改造しましたが、カウルの塗装以外は全て自分で行いました。

 紆余曲折はあったのですが、巡り巡ってエルドラードでGUZZIに復帰したのですが、ループまたはトンティーでもカリフォルニアだったらきっとずっと前からこういう乗り味だったのでしょうね。遠回りした分正解であるという確信は深いのですが、10年の時は私の好みも少しは変わったでしょうね、体力的/年齢的な意味も含めてバイクを見る目がいくつかの角度から複合的に見る事が出来るようになったかな?とも。
 一気に長距離をこなせて疲れの少ないBMWに乗れたこともいい経験だったし、鼓動感の塊のようなダイナに乗ったこともいい収穫になったし、自分で触ることで機械への理解を深めた古いYAMAHA達は善き先生でしたね。

c0377022_16282804.jpg

 今年のルマン会議は記念すべき第10回でした、わたしのGUZZI復帰も重なりました(復活賞も頂きました)。そして何より偶然とはいえ完璧が崩れるきっかけの写真を撮った鬼押し出しハイウェーの六里ヶ原のパーキングでの開催でした。100台を超えるGUZZI達が全国から集まりました、すごい事ですね。
 今にして思えば『完璧』な瞬間なんてそうそう有る訳じゃなくて、あの時そう感じたのも変な高揚感が関係があったのかもしれません。いまは気負いもなく、誰と勝負する訳でもなく、ユルユルとエルドラードのトルク感を感じながらのツーリングが一番のご馳走で、完璧なんてどうでもよくて、きっちり整備して気持ちのいいフィーリングを得るための遊びなんです。今朝も早起きして貴重な梅雨の晴れ間を走ってきました、走っている間中低音で歌い続けお尻を軽く蹴飛ばすトルクを出すエンジンを味わいながらの2時間100kmの朝練でした。

 今回は、二枚の写真を見ていて思い出した事を書きました。お付き合いありがとうございました。



















.

[PR]

by Gambaldo850 | 2018-06-10 05:26 | Eldorado | Comments(14)
Commented by TC at 2018-06-10 11:42 x
Mr. gamba

こんばんは。

今日の記事を読ませてもらって感じたことは、バイクに乗り続け、愛し続けているからこそ書けるのだろうな。です。

自分は幼少時代にダートバイクに乗ってましたが、乗っては降りを繰り返してきました。その間隔は数年以上の時もありました。自分はバイクよりもクルマなんだなと思っています。

バイクに対しての思いは強くあるのですが、何か薄っぺらさが常にあるんですよね。

だからこそこのブログが大好きなんだと思います。
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-10 17:56
>TCさん バイクよりクルマなんだなって、それはうちの息子もそうです、こんな環境なのにモンキーに少し乗っただけでバイクには乗らずにロードスター(ミアータ)に入れ込んでいます。

バイクへの付き合いも人それぞれですので、ひとと較べても仕方ないです。
楽しみは色々とありますものね。
Commented by TK at 2018-06-10 19:42 x
お久しぶりです。
俺の場合、ものすごく景色の良い場所にツーリングに行った時、
この先バイクを維持していても、これを上回るツーリングは出来ないかもと思い、
よい感覚のまま手放そうと思ったことがありました。
ルマンⅢとNSR250Rでした。ともに春の志賀草津道路のツーリングでした。
「雪の回廊ロス」と呼んでます(笑)
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-10 20:26
>TKさん なるほど!その感覚は理解できますが、そういう感情に成ったことはありませんでした。
TKさんが雪が好きなように、私は山を遠くから見るのが好きなんですよ。
登山(鎖場ラブ)が出来ないので、遠くから眺めるだけ。
だから信州が大好きなんですけどね。

志賀草津道路や奥志賀方面は今年はダメですねぇ。夏の涼しい時に走りたかったけど、万座ハイウェーはあまり好きじゃないんで、ルートが…。
Commented by TC at 2018-06-11 00:06 x
Mr. gamba

おはようございます。

miataといえば初期モデルがこちらでブームになってますよ。
安くて運転してて楽しい!ということらしいです。

パワーがない分、思いっきり踏み込めて、曲がることが出来る最高のオモチャだと思います。

自分も過去にZ3をいじって乗ってましたが、いつでもどこでも全開、それでいて燃費も良い面白いクルマでした。

こちらにはmiataにcorvetteを積んだりする有名チューナーもいます(笑
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-11 06:03
>TCさん ミアータにコーベット?
その辺りがアメリカ的で面白いですね。
小さなエンジンだからあの面白さだと思うのですが、お国柄でしょうか。
Commented by TC at 2018-06-11 06:20 x
仰る通り、いかにも「アメリカ的」だと思います。
小排気量の面白さってありますからね。
いじっても吸気系、排気系、モジュールくらいです。
あとはサスペンション、ブレーキですね。
Commented by ドカマン at 2018-06-11 09:23 x
浅間山・・・森林限界というか低木の植生が昔と全然違うね・・。
12年前の画像の後に浅間山の火山活動が活発化して、亜硫酸ガスで低木が死んだんだね・・・そういえば入山禁止になったもんね・・
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-11 18:01
>TCさん うちのロードスターはかなりお金をかけて初期化してあります。
ほとんどノーマルパーツとマツダ純正スポーツパーツ組んでありますので、非常に上品で楽しいスポーツカーに仕上がっています。
手の内にある車が楽しいですね。
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-11 18:04
>どかまんさん そういえば噴火騒ぎがありましたね。
そういう目で見ると確かに植生が違います。

しかし、今年のルマン会議は最高のシチュエーションでしたね、年に何回も無い紺碧の空に澄んだ空気の中の集いは最高でした。
願わくばこの先もお天気に恵まれますように!
Commented by postpapa at 2018-06-12 08:31 x
自分が関わって来たバイクはそれぞれに色々な事を学ばせてくれました。
好みも経験や自分の状況でも変化しますよね。
ずっと変わらないのはトルク感が心地よい事重視かな。
ずっとそのバイク一筋って方もいらっしゃいます。
勿論それはそれで素敵な事だと思いますが、他も知っての方がより世界が広がると自分は思ってます。
自分の知らない世界に、より楽しいものがあったら勿体ないと…
これも人それぞれですから、人の数だけ楽しみ方があるって事ですね。
自分は飽きやすい性格なんですが、なんでだかG/Sだけは気に入っちゃってるんですよね。
乗り味や造形、整備性も含めてきっとこのまま自分と一緒に歳を重ねるバイクなんだと思っています。
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-12 16:07
>postpapaさん 過去に乗ったバイクはみなそれぞれ面白く、心に残るものでした。選んだのは自分ですから大ハズレはなかったはずです。
可能ならば手元に置いておきたいものはいくつかありましたが、環境が許しませんね。
一台のバイクを長く乗っている方は尊敬に値します、私はそれが出来ない人だっただけに素晴らしいと思います。
思えばSR、SDR、GX、TXなどヤマハばかりが取って置きたかったバイクなんですが…あとはDUCATI F1かな。
HD、BMWは経験できたことで満足しちゃいましたよ。可能ならばそれぞれのもう少し古いタイプに乗ってみたいです。
今まで何が一番良かった?と聞かれますが、今乗っているのが一番だと答えたいですね。
Commented by F650 at 2018-06-20 15:43 x
ガンバさん、
お久しぶりです。
BMW1150にビックタンクを装着したころから拝見してます。最近はあまり書き込みしてません。懐かしのバイクが出てきたので、久しぶりにコメントさせて頂きました!総仕上げですか、今度のバイクは?自転車、クルマのお話がなく、いかに今度のバイクにご執心かわかります。
Commented by Gambaldo850 at 2018-06-20 19:16
>F650さん お久しぶりです、お元気でしたか?
ずいぶん前から読んで下さっているんですね?ありがとうございます。

エルドラードのブログを書く時に、今回は車と自転車の話は書くのを止めようと決めちゃったんです。
ですからこの先もなるべくエルドラードののみで行こうと思っています、すいません。

これからもよろしくお願いいたします。


<< ルマン会議 1~5      治ってきました。 >>