日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 13日

オイル交換/漏れ…

またオイル交換の話です。

今回の話は前回の北関東ツーリングの一週間前の話です。話が前後していますが、あまり気にしないでください。

 エルドラドが私のところに来てくれてからもう5000km走らせることができました。乗り始めの初めにこのエンジンはオイルフィルターを持っていないのでオイル管理はしっかりとすること、短めのスパンでオイル交換をした方がいいとGUZZIの神様のような人から人伝てにアドヴァイスをもらいました。結構そういうことはしっかりと守る真面目な私です、知らないこと、経験の少ないことは自分で判断ができるまで先達のアドヴァイスに従います。

 
c0377022_16163423.jpg
 5000kmで4回目のオイル交換です、一番初めは納車されてすぐに(現状販売で受け取ったものですから)交換、そしてフラッシングの意味を込めて1000km目に交換とオイルパンの掃除、オイルパンがとてもきれいだったことを確認しました、たぶん前のオーナーがいいオイルを入れていてくれたのでしょう。2000km走って三度目の交換でした。そして今回また2000km走って5000km時に交換しました。
 出てきたオイルはご覧のようにまだ向こうが透けて見えるほどの汚れが少ないオイルです。逆説的にいうといいオイルほど汚れを吸収して黒くなっているという話もあるのですが、まぁそれはどうでもいいことです。

 
c0377022_16163419.jpg
 この写真で見ていただきたいのは、先日付けたオイルキャッチタンクの効果です(笑)。キャッチタンクの下の透明な蓋の底にオイルミストの液化したものがほんの少し捕まっているのが確認できます。たったこれだけですが、これが滴ったりホースの口に付着して下回りをいじる時に袖口に付いて気分が悪かったんです。
 そしてもう一つ大事な確認場所。それが赤丸で囲って矢印で示した場所なのですが、ここにはフライホイールやクラッチ板が入る車でいうとベルハウジングがあるのですが、その一番下に幅3mmほど長さ10mmほどの穴が開いています。クランクシャフトのアウトプット側のオイルシールやミッションのインプットシャフトのオイルシルールが弱りオイル漏れを起こすとこの穴からオイルが漏れてきてオイルシールが弱っていますよの印になるのですが、しっかりと湿っております。
 乗り始めの頃はエンジンオイルの色をしたオイルが100kmで一滴くらい出ていましたが、最近はミッションオイル(赤いからすぐ判るようにしている)も漏れて来ました。かなり悲しい状況なのですが、これはいずれ後周りをガッツリばらしてトランスミッションケースを外してすべてのオイルシールを交換しましょうの警告なのです。エンジン側のオイルシールが弱ってエンジンオイルが漏れてきても構造的に乾式のクラッチプレート(とフリクションプレート)に直接オイルがかかることはないのですが、ミッション側は漏れる量が増えるとクラッチに回ってしまう可能性が高いのです。
 いま思案中なのですが、いつやるか、自分でやるか、お店にお願いするか、少し気が重いのです。今までの経験で自分である程度は行けるのはなんとなく根拠のない自信はあるのですが、シャフトのアライメント出しと交換シールの手配と・・・一番の問題は車庫が狭いのでばらしたままで放置できないので一日の勝負、または連休をかけて二日で全て組み上げないといけないことなんです。信頼の置けるお店に出すのが一番いいのは判っているのですが、いつ出すかまるで決心が付かず愚図愚図しています。
 また、自分で分解するとなるといくつかの専用工具と交換部品(シール関係)を買わないといけないと思うのですが、通販サイトで確認しましたら専用工具(4~5点)だけで3万円程度するようです。ほかの物で流用もできるのでしょうが、どうせなら専用品を使って見たいと思いました。可能なら電動のインパクトレンチも欲しいと思います。そのコストを考えるとプロにお願いしたほうが安心で安価でしょう。しかし自分のバイクを可能な所までばらして確認してみたい欲求もあるのは正直な所。
とりあえずミッションオイル量が多いと漏れ易いとアドヴァイスをもらったのでわずか50ccほどですがスポイトで抜いてみましたが、根本的な対策ではないですね。チェックボルトより上だと漏れやすいようですのでボルト穴よりほんの少し下までにしました。
 

 
c0377022_16163488.jpg
 外したドレンボルトですが、今回は前回ほとんどなかったスラッヂが捕まっていました。オイルの銘柄は変えていないのでなんだろうなぁと思っています。スラッヂがオイルの成分のポリマーが原因であるのならば気温と共にオイルに辛い状態が出てきていると思っていいのでしょうか。今まで鉱物系の硬めのオイルを使っていましたが、このまでもいいのかな?どうなんだろう。オイルに関しては大してこだわりも薀蓄もないのですが、硬めの鉱物系、暑くなってきたら化学合成を試そうと思っていたくらいです。ノンポリマーを謳うものもありますが、コストを思うとまだ手を出していません。2倍持つならコストは釣りあうのですが、どうなんだろうなぁ。

 
c0377022_16163567.jpg
 相変わらず愚図愚図考えながら今回は価格だけを目安にValvolineの鉱物油を使います。スラッヂやいろんなことを考えると矛盾した選択ですが、以前から結構使っていたし、今回は手元にちょうど3ℓ有ったので使います。ただし、今回は連休中に行くツーリングとルマン会議に合わせたツーリングをこなしたら交換する短期限定使用です。次のオイル交換までにトランスミッションケースの取り外しの方策を決めようと思っています。一気にすべての油脂関係(エンジン、トランスミッション、ファイナルケース)の交換をします。

 
c0377022_16163528.jpg
 タンクの前方に保険のライセンスホルダーを付けました。欧州(英国のみ?)の保険のライセンスを入れるホルダーです。本当はフロントフォークとフェンダーの間に付けたかったのですが、フェンダーの取り付けねじ径と角度がうまく合致しなかったのでフロントバンパーの留めねじに共締めしました。
 中に入っているのは友人がずいぶん前に作ってくれたいつも集まる高速のパーキングの名前が入ったオリヂナルのドラゴンの図柄です。

 
c0377022_16163532.jpg
 拡大するとこんな感じです。『辰巳』なのでドラゴンボールということで。これはGUZZIヴァージョンですが、BMWヴァージョンやHONDAヴァージョンもあったかな?YAMAHAヴァージョンは無かったです(笑)。


 
  次回以降更新の間隔が少し開くかもしれません、ご容赦ください。出かけることが多くなりそうなんです。



















.

[PR]

by Gambaldo850 | 2018-05-13 05:15 | Eldorado | Comments(6)
Commented by TC at 2018-05-13 07:06 x
Mr.gamba

こんにちは。

オイル交換の時期なんですね。
自分もオイルブランドに特に拘りはありませんが、季節に適した硬さのオイルを低距離のうちに交換するようにしています。

シール交換の為のツールは結構良い値段しますね。
自分なら、迷わずにショップでやってもらいます。
一時はツールも集めてましたが、集めるだけであとはしまいこむだけ。ということで最近は殆どの作業をショップでやってもらってます。

オイルシールは夏前に交換なんでしょうね。

Commented by Gambaldo850 at 2018-05-13 17:07
>TCさん こんにちは。
今回オイル漏れの修理は今月下旬に入庫させる事にしました。
夏にロングツーリングをしたいし、ぐずぐず考えているのも嫌なのでお店を予約しました。
これでこの先気分よく走れるといいのですが。

次回辺り詳しく書きますね。
Commented by otokichi2005 at 2018-05-13 22:00
ガンバさんの記事はいつも大変参考になります。
私のマーニがコイルの問題(であって欲しい)で不調をきたしていますが、アドバイス頂き感謝しています。
実はそれ以外もクランクケースから後ろが常にオイルであろう湿っぽく、かといって漏れているわけでもなく、更に5速だけに限りますが6千回転を超えるとw微妙にクラッチが滑り始めシールの劣化で滲んだオイルがクラッチ板に付着しているのではないのかなと想像を巡らせています。
年式には勿論大きな差がありますが、これから行うガンバさんの重整備?には注目していかなければと目が離せません。
Commented by gambaldo850 at 2018-05-14 07:54 x
>どかぽるさん 少しでも参考になるようでしたらうれしいです。
クランケース後ろが湿っぽいのはやはりわずかながら漏っているのでしょうね。
でも、そんなに酷くなければあまり気にしないでいいような気もします。
ただ、クラッチの滑りの自覚症状があるのでしたらいずれという感じもしますが、そんなにぶっ飛ばさなければ(笑)まだまだいけるでしょう?

ルマン会議明けにネ申さんのところに持ち込みます。
写真を撮れればいいのでしょうが、迷惑になりそうなので自粛します。
次回ブログで細かなことを書きます、読んでください。
Commented by otokichi2005 at 2018-05-14 17:10
オォー!神の手が入るんですね。
結果が楽しみです。
ところでルマン会議ですが、コイルは入手し明日にも交換できるのですが、いきなり長距離は不安なのでTXで参加となりそうです。
隅っこにこっそりと停めさせていただきます。
Commented by Gambaldo850 at 2018-05-14 19:23
>どかぽるさん TXでも全く問題ないですよ。
たぶん多くのひとからガンバさんのですか?って聞かれると思いますよ(笑)。

お天気が気になりますね。


<< オイルシール交換へ      北関東ツーリング >>