日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 07日

ウインカーバルブとねじ

相変わらずこまごまといじっています。

 気になるところが有ると自分好みにするためにしょっちゅう部品の交換とか調整をしています。自分仕様にすると言うのは格好いいですが、パラノイア的細かなところの交換です。

 
c0377022_17414304.jpg
 前後のウインカーのレンズが紫外線にやられてほんの少しオレンジ色が薄くなってきていまして、たぶん交換歴があると思うのですが、Lucasの新しいウインカーレンズを4枚買ったり、自家塗装でアンバーを濃くするよりバルブの方をアンバーにしちゃった方が安くて効果が有ると思いました。白いウインカーレンズは好みではありませんが、バルブだけをアンバーにすれば点燈時に今より濃い目のオレンジになるのではないか?と思ったしだいです。一度こういうことをしてみたかったのです。
 幸い、ほぼ同じワット数のアンバーバルブがありましたので買ってみました。(ノーマル21Wに対して23Wですから問題ないでしょう)

 
c0377022_17414346.jpg
 比較するとこんな感じです。本当は27Wでも入れてもっと明るくすればいいのですが、ウインカーリレーが適合しないので反応の速くなりすぎたり遅い点滅に成ってしまうはずです。そのうちICリレーにして将来のLED化(するかどうか知らないけど)に準備するのも良いですね。
 バイクに乗り始めた40年も前の話ですが、当時ヨーロピアンウインカーという小さめウインカーが流行っていて自分のバイクに取り付けたのですが、リレーと点燈するW数に関係があってW数を小さくすると遅いフラッシャーになってしまうという事を知りませんでした。小さなウインカーですからバルブも10W程度だったのでしょう、当時のYAMAHAは27Wですからスイッチを入れた途端チカって光って点滅が変な感じ不整脈フラッシャーですよ(苦笑)、まるで『族』のアンちゃんのハイフラッシャーとやっている事は変わらない。でもね、何も知らないからリレーを交換するとか知らないし、リレー自体がどこに付いているかも知らなかったんですから。今思えばお笑いなんですが、真剣に配線ミスを疑いましたね。27Wのバルブが大きくて10Wのレンズに収まらない事も覚えました。そうやって皆大人になっていくんですね。 記憶がはっきりしないのですが、『遅』ウインカーになったんだよなぁ、ハイフラッシャーじゃなかった記憶なんで。

 
c0377022_17414377.jpg
 点燈させるとこんな感じです、わずかに色の薄くなったレンズの中でアンバーに光れば少しは補正されるでしょう。
交換前後のレンズを付けた写真で較べられればいいのですが、うまくタイミングの合った写真が撮れませんでした、下手くそ。

 
c0377022_17414434.jpg
 またまたボルトの交換の話です。ボルトの頭の形や材質にこだわりだしたらバイクいじりの末期症状ですよ、何度も書きますが。
 あるときふと気付いたのですが、ヘッドライトケースを留めているボルトがステンレスの味気のないボルトに交換されていたので気になっていたのです。普通のメッキの何の変哲のないボルトの方が幾分か良いのにと思いました。
 そこで交換したのがフランジ付のボタンキャップボルトです。個人的に丸い頭のキャップボルトが好きなのですが、ふつうのキャップボルトに較べて同じサイズのボルトですと穴のサイズがひとサイズ小さくなるので力のかかる場所では使いませんが、ここならば見た目だけで使える場所ですね。時代考証的に変かな?とも思いますが、ここは好みということで。

 
c0377022_17414473.jpg
 付け替えるとこんな感じです。たったこれだけのことです。ちょっとずぼらしてヘッドライトを取り付けたままボルトのみを交換したので光軸が大いに狂って焦りましたが、適当に下に向けておきました、どうせ車検のときにH4に変えて光軸を合わせてもらわないといけないですから。

先日書きましたようにユーザー車検を諦めてしまったので、ヘッドライトバルブをH4に交換した時点で車検を友人のバイク屋さんにお願いしてしまったので、光軸の調整なども全てお願いすることになってしまいました。車検場の周りの検査屋さんで事前に光軸を合わせてもらう手はずでしたが、それも経験できませんでした。




















.


[PR]

by Gambaldo850 | 2018-04-07 05:25 | Eldorado | Comments(2)
Commented by TC at 2018-04-07 11:16 x
Mr. gamba

こんばんは。

ターンシグナルのバルブ交換ですね。
薄くなった色のレンズをどうのこうのするよりも、効果的だと思います。
LEDバルブに交換する際でも、レンズ色と合ってない色のバルブを使うと変な色の発色になる場合が多々あるので、これは大正解だと思います。

自分はクリアレンズを使用する場合が多いのですが、バルブはアンバーのものを用いています。
これは法規に則ってということです。

ジープもビートルのクリアレンズです。テールライトのレンズは赤のみが好きなのです。現行では赤とアンバーのコンボが基準とされています。

ライトハウジングのボルト、個人的にとても良いと思います!
どうでしょう、時代錯誤なのでしょうか。
Commented by Gambaldo850 at 2018-04-07 18:11
>TCさん 書きましたようにレンズがほんの少し色が抜けてきちゃいまして、塗るのはヘタなんで簡易的方法に逃げました。

最近機械的に落ち着いてきたのでボルト方面を攻め始めました。
雰囲気を壊さない程度に細かなところをきれいにしています。
細かい所に目がいくということは本道が落ち着いてきた証拠なのでいいことだと思っています。


<< ガード切断      バーエンド >>