日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 03日

バーエンド

ハンドルエンドにバーエンドを取り付けた話です。

 納車時に付いていた純正らしいシヴィリアンタイプのアップハンドルからより引きの大きなヤマハ純正ハンドル(TX?GX?)に交換してより自分の好みに成ったエルドラドのライディングポジションですが、純正の幅より今の引かれたポジションは若干狭く車検時にハンドル幅を計られると面倒なので車検証の記載に近づけておきましょう。全幅とはハンドル幅なのか?レヴァーエンドなのか?よく判らないのですが。実際交換前のハンドルで測ったときは両レヴァーエンドのような気がしていました。

 
c0377022_17521394.jpg
 ハンドル幅を広げるために、今回採用したのはこの部品です、6mmのねじでねじ込んでバーエンドで留めるタイプです。ヤマハ純正と思える現状のハンドルはハンドルエンドの内側に鉄棒が溶接で固定されていて振動を減らす加工がして有ります、純正は凝った作りです。ですので普通のバーエンドのようにハンドルのパイプ内部に刺し込んで内側から広げて固定するタイプは使えなかったのです。

 
c0377022_17521322.jpg
 エルドラドが来た時にすぐに交換したのがカワサキのW3タイプのひだひだグリップでした、このグリップはオープンエンドタイプでバーエンドを付けるには持って来いでした。若干握り幅の狭いクローズドエンドのタイプも有るのですが、バーエンドをいつか付けるつもりでこちらを採用しておりました。
 宛がってみるとこんな感じです。黒でも良かったかな?と思いましたが、アルミシルヴァーは正解でしょうね。

 
c0377022_17521498.jpg
 溶接されたハンドルウエイトの真ん中にポンチを打ちドリルで穴を開けます。細いドリルから順番に使い穴を拡大していきます、6mmのねじの下穴は5mmでいいはずです。写真はやらせですのでセンターにドリルが来ていませんが、ご心配なく。
 この溶接された鉄棒は思いのほか硬くてハンドドリルが負けそうでした、良いキリを新たに買わないといけませんね、道具をケチっていいことは有りませんよね。と、この時は思うのですが、しょっちゅう使わないドリルは後回しになっちゃうんだよなぁ。

 
c0377022_17521451.jpg
 ドリルの写真とは反対側の写真に成っちゃいました、5mmの下穴に6mmのタップをゆっくりと通していきます。これも真っ直ぐに切り込んで行かないといけないので一番初めのきっかけの所は緊張します。あまり得意な作業じゃないです、ハンドルじゃないならちゃんとボール盤を使うべきですよね。卓上ボール盤は持っているのですが、息子の部屋で埃をかぶったまま放置されてしまっています。
 切っては戻し、切っては戻し、グリスの補充…何とか下手ナリに完成しました。

 
c0377022_17521428.jpg
 左側はこんな感じ、もう少しグリップを外に出してバーエンドを隠しても良いかな?
三番目の写真でも判るとおり切りっぱなしのままのハンドルエンドが丸見えの状態でずっと乗っていました、こだわりのガンバさんにあるまじき行為でした(笑)。

 
c0377022_17521461.jpg
 右側はこんな感じです、スロットルパイプが抵抗無く回るようにちょっとヤスリで修正しました。センターに開けたつもりでしたが、わずかに偏っていたようでセンターが出ていなかったのでスロットルパイプがわずかに擦れてしまったのです。情け無いです。
 この状態でバーエンドの一番外側までの幅を計ってみますと車検証の車幅の2cm内側になりました、左右1cmづつの増減は許容範囲のはずです。それよりも見た目が良くなったのが一番の収穫でしょうか。

 実は今回エルドラドはユーザー車検を取ろうと考えていて、色々と事前の整備をしていたのですが、ユーザーを受けるのを諦めました。細かなところを指摘されないように本当に細心の注意を払って整備したのですが、なんとリアタイヤにスリップサインが出てしまいまして、それを友人のバイク屋さんで交換してもらいついでに車検も通してもらうようにお願いしてしまいました。タイヤを交換して行けば良いじゃんと思うでしょうが、休みの巡り合わせが悪く両方を別々の日にすることができずいっぺんにお願いすることになりました。もっと言えばリアタイヤの交換の手前まで(ホイールを外して後周りを観察したい)を自分でしてタイヤだけをホイール持ち込みで交換したいと漠然と考えていたのです。ところが予想よりタイヤの減りが早く、私も乗るのが面白くて自分の想像以上の距離を走ってしまったのが原因で車検後の交換を考えていたのが前倒しになってしまったのです。
 交換するタイヤは今履いているのと同じものを履かせて、次回の前後共に交換時に好みのブランドにするつもりです。タイヤ交換の話やユーザー車検の体験記を書けると思っていただけに少し残念です。明日には戻ってくる予定です。



















.

[PR]

by Gambaldo850 | 2018-04-03 05:32 | Eldorado | Comments(4)
Commented by TC at 2018-04-03 10:42 x
Mr. gamba

こんにちは。

バーエンドは良い雰囲気出してくれてますね。
自分は取り付けたことがありませんが、もう少し飛び出ていても良いのではないかな?と思いました。

バーエンドと聞いて、バーエンドミラーを付けてカッコ良いバイクに乗ってみたいと思いましたよ(笑
となると、カフェレーサーッぽい、ブリティッシュスタイルでしょうね。
Commented by Gambaldo850 at 2018-04-03 17:48
>TCさん こんばんは。
バーエンドといえばバーエンドミラーですね。
私も以前付けていたことがあるのですが、車幅が広くなりすぎていまいちでしたね。
格好はいいのですが、ちょっと邪魔でした。

バーエンドは車検が終わったらもう少し出しましょうね。
グリップの位置を内側にしましょう。
Commented by msfive at 2018-04-05 18:34 x
パイプの中心の穴あけ、非常に難しいです。多少のずれは、仕方ないでしょう。
しかし、見た感じ上手く出来ていますね。言わなきゃわからないです。(笑)

日本で乗っていたバイクの車検は、全部自分で取りました。
あの頃は、時間もあったし、バイクもヴィンテージではなかったですから。
陸運局まで行く時間を取るのは大変ですよね。

前回のコメントの続きですが、エンジンのOHは、自分でやってみたいです。
SR500のエンジンは、腰上だけですが、やった事があります。
もちろん、バルブ周り、シリンダーボーリング、などの加工は、外注ですが。

今のところちゃんと動いているので、OHはまだ先の話です。
その前に、ケミカルでも試してみようと思います。
Commented by Gambaldo850 at 2018-04-05 20:18
>msfiveさん センターにポンチを打つのは非常に難しいですね。
今回もバーエンドをガイドにしてうまく行ったつもりだったのですが…ドリル自体が真っ直ぐ入っていなかったのかもしれません。

私も完全にエンジを開けたのは昔のモンキー位です。
大きなエンジンはもう絶対にプロに任せた方が安心安全安価でしょう!
自分でやったらろくな事にならないですよ、きっと。

100%オイル漏れが止まるケミカルがあると良いんですけどねぇ。
一ヶ所のオイルシールを交換するためにミッションまで下ろさないといけないので躊躇しています。


<< ウインカーバルブとねじ      リアサスペンション交換 >>