日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 06日

フロントブレーキスイッチ

フロントブレーキスイッチを取り付けました。

 エルドラドのフロントブレーキはドラムブレーキでワイヤに連動したブレーキスイッチが付いておりません。後年式のポリスタイプや油圧ブレーキの最終型にはちゃんとしたスイッチが付いているのですが、いずれにせよ私のエルドラドにはストップランプを点燈させるスイッチが付いていません。この状態で国内登録をされていますし、年式的にも問題は無いはずですが、それでももし車検時に指摘されたら面倒だし、実用問題としてリアブレーキしかブレーキランプが反応しないのは困る時もあるのです。
 そこで納車以来ずっとどのような感じにしようか考えていました、いくつかの案の中で国産の油圧ブレーキに使われているマイクロスイッチを流用して作ってみるかと思いました。過去に2度ほどスイッチの無いマスターシリンダーにマイクロスイッチを付けた経験が有るので何とかなりそうな感じがしています。

 
c0377022_17385668.jpg
 実際の作業に入る前に長い間考えていたのは目立たないように、なおかつ一度付けたらメインテナンス無しでずっと使い続けることでした。目立たないようにするのは私のこだわりとしても大切な事なのです。
 マイクロスイッチは本当はレヴァーホルダーの裏側に取り付けて表に出したくなかったし、スイッチを押すプレートも裏側に付けたかったのですが・・・現物を合わせてみるとレヴァーホルダーの裏は大きな穴が開いていて固定が難しかったこと、スイッチを押すプレートの方もレヴァーの裏にはワイヤの太鼓が入る穴があり、グリスアップする時もあるので取り付ける位置がありませんでした。
 写真はこの状態で裏側に付けるのよ、というイメージです。スイッチ本体はホンダの純正部品、スイッチを押すプレートは色々と考えて電気配線先端部をボルト留めするあのワッカの金属部品の加工流用です。

 
c0377022_17391264.jpg
 何度も何度も取り付け位置を探しましが、結局この位置しかないのかなと思いました。黒いスイッチがモロに目立ってしまったので、アルミテープでごまかすつもりでしたが、かえって悪目立ちしちゃったかな?
 スイッチの取り付け位置は前輪のブレーキパネルのレヴァーに付けようかと試行錯誤したけどいまいちでしたし、ワイヤのアウターに連動させようかといじってみましたが、サスペンションの動きに影響されちゃうのでボツでした。ならば仕方なし見えちゃうけどレヴァーホルダーの上しかなかったのです、少し悔しいのですが。

 
c0377022_17391223.jpg
 何をしているかといいますと、スイッチ本体とスイッチを押すプレートを瞬間接着剤で仮留めしているところです。位置関係を仮留めで確認してちゃんとスイッチを作動させられるのかの確認をしつこくします。金属用の接着剤ですがしばらく押さえが必要ですからモンキーレンチ(アジャスタブルレンチ)で挟んでおきます。
 仮留めののち簡易配線をして通電する事も確認しました。本当の配線はちゃんとしたものをしっかりと通します。リアブレーキの配線にフロントブレーキの配線を並列に割り込ませます、プラスの電源をどこかからか摂りストップランプに行く配線に割り込ませます、配線的にはその並列配線の中間にこのスイッチが入り込むようになります。

 
c0377022_17391365.jpg
 結局、なんだかんだと文句を言いつつ出来上がったのがこの状態でした。私個人的にはまだ詰めが甘くて気に入ら無い部分も正直有るのですが、4月の車検時に向かって作動させることが一番です。
 スイッチ本体にアルミで巻いて接着しインシュロックで固定、それを押すプレートも接着剤で固定したのちアルミテープで隠しました。これから配線をしますが、この日はガソリンタンクがまだ満タン近く入っておりタンク下を経由する配線を通すことができずここで作業は中断しました。

タンクが軽くなった頃合を見はかり配線作業をします。
作業当初はタンクを外そうかと考えていたのですが、ほんの僅か持ち上げるだけで配線が通るのを確認してこれ幸いと針金を使って配線を通しました。配線のはじめはブレーキラインに割り込ませること、バッテリー側のプラスを取ること、スイッチ側の配線をすることの順番で行いました。

 
c0377022_17391361.jpg
 ブレーキランプを点灯させる配線はリアブレーキのスイッチからリアフェンダーの内側を通ってテイルに向かいます。はじめはリアブレーキスイッチのすぐ元から分岐させるつもりでしたが、非常に手が入りづらい場所なのと配線の留め方が意表をつく小さなネジ留めだったので触りたくない気持が先行し、後に向かう配線から分岐させようと作戦変更です。
 リアフェンダーの内側から配線を引っ張り出すのも簡単じゃなかったのですが、まだこっちの方が手が入る分いいかなと。ブレーキ配線を途中でちょん切り出来合いの二股の配線を割り込ませました、この作戦ならは元に戻す時も最低限の作業で元に戻せます・・・が、これを元に戻す事はないだろうなぁ。

 バッテリーからのプラスはサイドカヴァーの中のウインカーリレーのプラス配線から分岐させて見ました、メインスイッチ連動で手っ取り早く取れそうな所はこれ位でした。二股ギボシを同じく割り込ませて配線の前半戦は終了です。ブレーキスイッチに向かう配線の端部の皮膜を剥いてショートさせるとちゃんとブレーキランプが点灯するのを確認して配線に問題ないことも確認しました。

 
c0377022_17391215.jpg
 なるべく出っ張らないように、引っかかることがないように結線後収縮チューブでカヴァーして温かいうちにUターンさせておきました。ハンドルに這わせ、タンク内の他の配線と共締めで固定します。サイドカヴァーの中も配線が踊らないように軽く固定して終了です。
 もう一度ブレーキランプがしっかりと点灯するのを確認してブレーキスイッチ増設の作業を終了しました。

 これで、リアブレーキのみだったブレーキランプを前後で操作できるようになりました。大きく変わる事はないのでしょうが、少しは安全にもなったかな?
 フロントのスイッチが少し目立つような気もするので、何かの純正部品を流用してゴムのカヴァーを被せる事を考えています。



















.



[PR]

by Gambaldo850 | 2018-03-06 05:38 | Eldorado | Comments(6)
Commented by TC at 2018-03-06 11:31 x
Mr. gamba

こんばんは。

今回も実用性、安全性が高いオリジナル作品ですね。
作動に問題が無いことが確認出来たなら、次は見た目ですね。
この場所以外に取り付けられないとのことですから、あとはどのようにすれば目立たないか?また防水性なども考慮してカヴァー出来れば良いわけですよね。

ブレーキレヴァー周りがクロームプレーテッドですから、スイッチ類も同じ仕上げが良いのでしょうか、それとも黒のプラスチック製の箱のような物を被せるのが良いのでしょうか。

この先どうするのか、楽しみにさせてもらいます。
Commented by otokichi2005 at 2018-03-06 19:48
1957年はフロントなくても保安基準OKなんですか?
実は最近TXの油圧ブレーキスイッチに問題が生じて機械式にするか思案中です。
参考にさせていただきます。
Commented by Gambaldo850 at 2018-03-06 20:29
>TCさん ブレーキスイッチは4月の車検が頭にあったので急ぎました。
本来はもう少し考えた位置に目立たない位置にしたいのですが…たぶんこのままでしょうけど。

ヤマハなどの純正部品でレヴァー周りをカヴァーするゴムパーツがあるので流用を考えています。
Commented by Gambaldo850 at 2018-03-06 20:32
>どかぽるさん 私のはTXと同じ1973年ですよ!(笑)

私のは国内で登録した時にこのまま通したのできっと大丈夫だと思うのですよ。
でもどうなのか心配だったので取り付けてみました。

マスターのデザインが気に入ればですが、なにか現行のものを使えばスイッチがそのまま使えそうですけどね。
例えばW800の丸いやつとか。
Commented by msfive at 2018-03-07 18:23 x
私の ducati もフロントのブレーキスイッチ有りません。そのうち付けたいと思っていました。
gambaさんのと同じ様なスイッチを持っているのですが、下側には付かないのですね。
私のは、上側にはチョークレバーが付いているので、ダメっぽいです。

実はTXも、スイッチが付いていませんでした。こちらはリプロが出ていたので、それを付けました。
XS1のと同じスイッチです。もしかしたらこれが付くかもしれません。
ドラムブレーキのスイッチは、探すのが難しいですね。
Commented by Gambaldo850 at 2018-03-07 20:15
>msfiveさん そのチョークレヴァーと同じものが私のエルドラドにも過去に付いていたようです、ですから裏側に大きな穴が開いているんですよ!ですからスイッチが張り付かないのです(笑)。

もっと可愛い筒型のスイッチ(ヤマハ製)を考えたのですが、手持ちがなんと通電しなかったのでこの格好悪いスイッチを表に出す羽目になりました。
筒型はリヴェンジするつもりでいます。


<< ボルト交換      こまごまごま >>