日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 10日

メーター照明をLEDに

 メーター照明をLEDにしてみた。

 トリップメーターが欲しくて交換したDUCATIブランドのスピードメーター、ガラス面の内側がほんの少し曇っていてやけにショボイ電気式タコメーター…どちらも非常に照明が暗いのです。以前メーターを外した時に確認した照明用電球は3Wでした、国産も古いのは3.4Wなので大差ないですが、電球がメーターの底の方のかなり奥にマウントされているのでただでさえ暗いのに輪をかけて暗いのです。どの位暗いかというと普通にトンネルに入ってもほとんど照明が判らない、スピードメーターはオドメーターの縁がぼんやりとタコメーターはリムの縁が…点いているのか本当に判らないのでした。こうなればLEDに交換しちゃえ!と思うのも当然です。
 過去に乗っていた古いバイクのメーター球はLEDに交換してみた物もありましたが、明るすぎたり、白っちゃけて見えたりしてなかなかいい塩梅にはならなかったものも有りましたが、今回はどうなるのか、楽しみでもありました。

 
c0377022_17443243.jpg
 早速Amazonで検索すると中華製が驚くほど安価で出ている。古いバイクはソケットの形状がウエッヂベースのT10規格ではなく昔ながらの捻って差し込むBA9Sという規格なのです、国内でこの規格のLEDが作られているのは皆無で怪しい中華製を買うほか選択肢はないのです。
 TX650にもこの手の中華製を採用しておりましたが、メーター/インジケーター全て交換しましたが生き残ったのはふたつのみ!あとは全て走行中にチラつき⇒消灯というパターンを繰り返して全滅しました。12Vの規格ですが、ほんの僅かそれを上回ると耐え切れないようで全滅しました(抵抗を入れると良いらしい?)。そんな経験があるにもかかわらず再び繰り返すのですが、以前のものより改良が進んでいる…らしいです。
 と文句を言いつつも、注文から10日ほどかかって届きました、LEDのチップの形が随分変わりましたね。大きな期待はしませんが期待しましょう(笑)、8個で送料込み300円ってフェアトレードじゃないだろうに。

 
c0377022_17443262.jpg
 先ほど書いたBA9S規格の挿し込みです。昔はこれが普通の規格でしたが、今時は皆T10に入れ替わりましたよね。私の記憶が正しければホンダのバイクは初期型のVT250Fが出た時から変わりましたね。
 このタイプのヨーロッパのガラスが細長い3Wバルブは見た事がないなぁ。国内の3.4Wは丸いガラスですものね。こんな細かい所にも外国製のバイクの面白味がありますね、そんな発見があると妙に嬉しい私です。

 
c0377022_17443277.jpg
 LEDに期待したのは省電力ではなく単純に明るさです。
メーター球に挿し替えて点燈を確認しました、はじめぼんやりとしか点燈せず、すわっ不良品を掴まされたか!と憤慨しましたが、私がボディーアースに接触させていなかっただけで冤罪でした。点燈するとホレこの通り、目も眩むほどの明るさです。このサイズでここまで明るければ期待できますね。乳白色のシリコンカヴァーでも被せればもっと良い感じのメーター照明になるかもしれません。

 
c0377022_17443379.jpg
 結局、タコ/スピードの照明とこれまた昼間も確認しづらいNランプも交換しました。ニュートラルは昼間に信号待ちでは頭の位置を上下して影を作らないと確認できないほどの光り方でした。
 さて、ソケットに挿し替え、メーター周りを組み上げてメインスイッチONでライトディマースイッチをPへ。お~!ニュートラルが眩い位に点燈しております、写真では判りづらいですが、スピードメーターのオドメーターの辺りにも昼間なのに明かりが確認できます!
 ほかのインジケーターはLEDにましませんでした、左上のヘッドライトのHighには必要ないし、右下のオイルプレッシャーにも不要だし、左下のチャージランプにおいてはLEDでは12V以下の充電量をモニターをさせるには問題が多い、必要以上に反応して点燈してしまうからです。

 翌日早速トンネルの中で確認しました!もうメーターは今までがなんだったのよ?と笑っちゃうくらい白く明るい照明になりました。タコメーターもリングの縁がきれいに光っています…が、あまりにきれいに光るのでガラスの内側の汚れが目立つようになってしまいました(笑)。
 まずはLEDへの交換は大成功でした、あとは一番の懸念事項『耐久性』ですが、これを書いている時点では大丈夫とレポートいたしましょう。

c0377022_17443220.jpg

 ヘッドライトもLED化計画が進行していますが、それはそのうち改めてレポートできると思います。やっと挿し込みソケット部の短いモデルを探し出すことができました。ヘッドライトのLED化をテスト(レンズ内の光り方、配光の具合、グレアの出具合などなど)するために安価な中華製を選択し、うまくいったらもっとちゃんとした製品を選択したいと思っています。できればイエローバルブに見える照度のものを採用したいと思っています。
 いずれにしても項を改めてヘッドライトについてはしつこく書きますので、お待ちください。



















.

[PR]

by Gambaldo850 | 2018-02-10 05:32 | Eldorado | Comments(6)
Commented by ピッツS at 2018-02-10 08:43 x
着々と進んでいますね。
見た目はそのままで中身を刷新。いいですねえ〜
LEDに換えると、その消費の違いに驚きますね。私も事あるごとに換えてます。
最近は眩しいだけの白色系が多いですが、イエロー系大好きな人がここにも居てちょっと嬉しいような(笑)
Commented by TC at 2018-02-10 14:12 x
Mr. gamba

こんばんは。

着実にライト周りのプロジェクト進んでいるようですね(笑
そうなんですよね、ソケットがBA9Sには接触不良が起こりやすくて困るんです。自分もそれで悩んでいますよ。
最近ジープの左目がウインクしてしまうのです。
ただの接触不良が原因なのだとは思うのですが、面倒なのでそのまま、暗くなってから走り出すと思い出すという始末です。

Nランプの光量なら満足ですね!
メーター内の明るさの写真は夜間運転の時に満足出来れば最高だと思います。

ジープのクラスターは安っぽい白だったのですが、LEDの赤に代えています、赤なので必然的に暗いのですが、それでも雰囲気は良いです。
仰る通りウォームホワイトが一番自然な発光なのだと思います。それからヘッドライトはクラッシーにイエローがオシャレだと思います。日本でイエローバルブの規制はあるのですか?
こちらは古い年式には許されているみたいです。
Commented by Gambaldo850 at 2018-02-10 17:11
>ピッツSさん 毎度楽しく遊んでいます。
見えない電気系はなるべくアップデートしたいのです。
メーターに使うLEDは本当に明るいですね、嬉しいいです。

イエロー系のH4代替品が少なくてソケットの短いやつが探せていません。
ライトケースの追加工が必要かもしれませんが、黄色にこだわろうとおもっています。
Commented by Gambaldo850 at 2018-02-10 17:15
>TCさん 着々と進んでいます。
実は今朝LEDのヘッドライトで初めて走りましたが、車(シエラ)ほど効果を感じることができませんでした。
でも、先行車に映る私がかなり明るいのでクルマからの視認性は良いようですよ。

イエローバルブですが、90年代初頭までは大丈夫でしたが、いつからかダメになりましたね。
91年モデルのGUZZIはイエローで車検を通していましたが、98年モデルのクルマはダメと言われて交換しました。

凸面CIBIEのイエローバルブは私のアイデンティティーですので!(笑)
Commented by TC at 2018-02-11 00:53 x
Mr. gamba

おはようございます。

飛び出たCIBIE w/yellow bulbはMr. gambaのtrademarkだったのですか!それは恐れ入りました(笑

イエローバルブはそちらでも年式の規制があるのですね。
こちらでは古いポルシェやビートルの連中がイエローバルブを入れているのを多く見かけます。

BA9Sで思い出したのですが、物によってはソケットの二つの小さいピンの長さが短かったり、また位置が微妙にずれていたりで、ライト側にはめた時にガタが生じて点いたり消えたりの原因になることが多いと思います。
ジープにはそれなりの高価なBA9SのLEDを付けてますが、苦労しました。今そいつが片目になったりしてます(笑
Commented by Gambaldo850 at 2018-02-11 17:14
>TCさん そうなんです、凸面CIBIEにイエローバルブはずっと昔からのトレードマークでした。
実は先日友人にそう言われたんですよ(笑)。

BA9Sですが、レンズ部分が弱くなっていて外す時に首がもげちゃうことが有るんですよ。
ビックリしますが、LEDのBA9Sは取り付けのときにもげたことが有ります。
あまりいい製品に当たった事がありません(苦笑)


<< トランスミッション ブリーザー      タンクキャップ交換 >>