日曜の朝はGUZZI、再び

gambaldo850.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 05日

サイドグリップ取り付けと。

サイドグリップを取り付けました。

 正式名称はパッセンジャー・サイドグリップとなっておりますこの部品ですが、ループGUZZIの車体後半分の中でも特徴的なデザインで、印象的な部品なんです。ところが私のエルドラドには付いていませんでした、私のところに来る間のどこかで外されてしまったんですね。どうしても取り付けたい部品でした。

 
c0377022_15593667.jpg
 これまた海外の通販で買おうと思っていたのですが、在庫無し、入荷未定の部品でした。eBayでもたまに出ているのですが、程度が悪いのに結構な価格でしかも送料が高い。いろんなところのサイトを見て回っていてなんと国内で発見、アメリカから買うより割高ですが、在庫があるのは嬉しい限り、早速注文、翌日入荷と本当に日本国内は素晴らしい。
 メッキ輝く新品はとてもきれいで嬉しいなぁ。

 
c0377022_15593746.jpg
 事前の下調べで取り付けの時にここに隙間ができてしまうのは判っていました。前側はリアサスペンションの外側に取り付けられていてその分平行に付けようと思うと後ろ側にリアサスの厚み分隙間ができてしまうのですね。
 ちょっとマニアックな話をしますと、この写真で見えている10mmのボルトですが、ピッチが1.25なんです、私が用意した物なんですが、国産バイクの10mmネジは細めの1.25ピッチが普通に使われています。ところがGUZZI(を含む欧州車の多くは)10mmのボルトは1.5ピッチが使われています。また、8mmのボルトの頭の二面幅が国産は12mmや14mmが多いですが、欧州車は11mmや13mmが多く使われていますね。欧州の工具メーカーは12mm-14mmのめがねレンチを作っているメーカーはあまりないんですよね。
 話は脇にそれましたが、見えている10mmボルトは隙間を測るだけに使ったので、このあとちゃんと1.5ピッチのボルトに交換しておきました。

 
 
c0377022_15593764.jpg
 15mmほどのカラーを挟み込めばちょうどフレーム(シートレール)に平行になるのでアルミパイプを切ってカラーにしました。そのうちもうすこし厚みの有るカラーを買ってきて見た目もがっしりとさせようと思っていますが、今回は取り付けを優先しました。

 
c0377022_15593712.jpg
 こんな感じで取り付けました。後ろ側の取り付けボルトの頭が穴付きボタンボルトなのが気に食わないのですが、これもそのうち前側のリアサスを留めている様な丸い頭の袋ナットに交換するつもりでいます。
 ボルトの頭の形や材質の置き換えにこだわりだしたら、バイクいじりの末期症状が出てきている証拠です、気をつけましょう。(笑)


 
c0377022_15593838.jpg
 こちら側はこのようなステイを取り付けます。このステイはサイレンサーを吊り下げる汎用品のステイですね、ずっと前にモンキーか何かの改造用に買ったやつが手持ちにあったので取り付けました。何をするのかといえば・・・

 
c0377022_15593823.jpg
 賛否両論はあるものの、好きだから懲りずにまた軍装品の払い下げ物の背嚢を吊り下げるのです。これはTX650にはじめに付けていたもので、かなり汚いですね。イメージを損ないそうですか?まぁ気に入らなければそのうち交換しますよ。TXの時代はこの中に工具も入れていたのですが、エルドラドは工具箱を作ったので、この中は雨具とかウエスの類しか入れません。
 先ほどのステイは後輪の巻き込み防止の為につけたのですね。サイドグリップを取り付けてやっとこのバッグをぶら下げることができました。


c0377022_15593888.jpg
 部品庫を漁っていたら何やらレトロなホーンが出てきて、これはエルドラドに似合うでしょう!と交換してみました。左の黒い方が純正品です、右のメッキリングの物は日本製なのですが、BMWに付いていた記憶があるのです。どなたかが国内で変更されたやつなのでしょうか。BMWの時に渦巻き型のWホーンに交換してはずしたやつだと思います。
 サイドグリップを交換しながら作業の途中であっちこっちに意識が飛ぶので、最後の確認が必要ですね。メモを書いておかないとダメなのかなぁ。

 
c0377022_15593992.jpg
 装着後フェンダーの上から記念撮影です。あまり目立つ場所に有る訳ではないのですが、メッキリングがエルドラドの雰囲気にマッチしていると自画自賛です。ホーンの音はあまり変化無しです。
 NIKKOの刻印が良く見えますね。

 
c0377022_15593676.jpg
 GUZZI仲間のどかまんさん(ルマン会議の議長さん)がお祝いツーリングに合わせてこんなステッカーを作ってくれました。文字が小さくて見づらいですが、私のGUZZI復帰記念の限定ステッカーです。持つべきは友達、しかもこのようなセンスある物をいつも作ってくれる心優しきバイク仲間ですね。ありがとう。




















.


[PR]

by Gambaldo850 | 2017-11-05 05:28 | Eldorado | Comments(4)
Commented by TC at 2017-11-05 09:25 x
Mr. gamba

こんにちは。

穏やかな天気の週末です。
用事で早朝からロスアンジェルスとハリウッドの街中を走り回ってきました。

サイドグリップ、なんかクラッシーで良い雰囲気ですね。
KHのシートの後部にタンデム走行時用のグラブハンドルが純正で装備されてましたが、自分は全くオリジナルに拘らずにカスタマイズするのでどこかへ行ってしまいました。

ネジ、ヨーロッパは11&13mmが多いですよね、それにピッチも違いますし。
先々週のジープの整備ではインチ、たまにのワーゲンの整備はメトリックと工具も倍揃えてますが、最近はツールを買い足すことはまずありません。

隙間に自作のカラーとのことですが、雰囲気を追求すれば、カラーの肉厚や材質なんかも拘りたいですよね。
KHにもリアショック(マルゾッキ)を変更した際にカラーが必要で、知り合いのマシンショップで余ったチタンで作ってもらいました。

サープラス物のバッグは年季が入っていて好ましいです。
ミリタリースペックアイテムは丈夫さと実用性が勝負です、その野暮ったさがオシャレだと自分は思っています。

ホーンもまたまたクラッシーなデザインですね。
そういえば最近のバイクのホーンってどんなデザインなのか、全く想像出来ません。

バイク仲間から贈呈されたステッカー、素敵ですね。
Commented by Gambaldo850 at 2017-11-05 16:33
>TCさん 東京もこの連休は良い天気が続いています。
バイクをいじったり、乗ったりには最高の日々です。

自作のカラーはその後アルミのしっかりした厚みのある物に交換しました。
自分しか判らない所ですが、自己満足ですからいいでしょう。
サープラス物はずいぶん前にバイク乗りのバッグとして流行ったんですよね。
バイクも人間も古いのでわざとその頃の雰囲気を狙っています。
おしゃれに付けているのではなく、実用品ですね。
Commented by postpapa at 2017-11-08 23:37 x
ニッコーのホーンが何とも良く似合ってますね。
後に見えてるヘッドカバーの丸さ、デザインが素敵です。
愛らしいって感じで撫でたくなるなぁ・・・
この辺りの造形センスはイタリアのものを感じます。
Commented by Gambaldo850 at 2017-11-09 05:57
>postpapaさん メッキーホーンは目立たないけど、自己満足的にはうまくいった気がします。
ワンポイントのメッキ部品は肝ですよね。

GUZZIはやはり丸いシリンダーが可愛いです。
大昔の航空機の星型エンジンを切り取ったみたいで良い造形です。


<< キャブレターの掃除と      サイレンサー交換 >>